« 太宰治っぽく | トップページ | 無頼派なのか? »

2006年8月15日 (火)

8月15日の「えの素」

 僕がなぜかこよなく愛してやまぬエログロナンセンス漫画の金字塔、榎本俊二の『えの素』に、主人公(?)郷介が、夜道で若い女性への痴漢行為を疑われる場面がある。

 たぶん彼には最初からその意図があり、ただ単に、痴漢行為を疑われた時点では「まだ」実際の痴漢行為に及んではいなかっただけ、と思われるのだが、とにかくその時点では未遂状態であったにもかかわらず、「チカンだってよ!!」と通行人に指さされてしまったことに憤りを覚えるわけだ。

 そして彼は、「くそーっ 疑われ損だーっ!!」と叫びながら、その女性の胸を触るのである。

 このときの、「(まだ)痴漢行為をしていないにもかかわらず疑われるくらいなら、実際に(公然と)痴漢をしてやる」と居直る郷介と、「いろいろ気を遣って日にちをずらしたりしてもどうせ批判が出るんなら、いっそ8月15日に参拝してやる」と居直る小泉首相は、とても似ている気がする。ムキになっている子供みたいで、なんとも香ばしい。きっと、彼には彼なりの「信念」があるのだろうが……。

 それにしても、僕はなぜ、これほどまでに『えの素』が好きなのであろうか。『ラス・マンチャス通信』の冒頭を読まれた人なら、「“なぜ”もなにも、要するにそういうのが好きなんでしょ?」と思うかもしれないが、その2つには必ずしも交叉性がないような気がするのだ。

 第一僕は、「エログロナンセンス」であれば何でも好き、というわけではない。信じられないかもしれないが、むしろ普段は避けて通っている。にもかかわらず『えの素』だけは、全巻、最低10回ずつはくりかえし読むほど愛好しているのだ。その理由を、僕はどうしても合理的に説明することができないのだ。

|

« 太宰治っぽく | トップページ | 無頼派なのか? »

コメント

 こんばんわ。
 「シュガーな俺」
 続きを大変待ち遠しく思いながら読んでいます。

 さて、「えの素」。
 まったく関係ないようですが
大島渚監督「愛のコリーダ」が
ネットで無料視聴できるというので先日観てみました。
 公開当時はあれだけ騒がれ、
映画の内容も実際“そういう”内容満載でしたが、
下半身はピクリともしませんでした。
 (平山さんより2歳下だというのに!)

 ふと思うのですが、
“エロ”が見ている人間に喚起させられる時は
第三者的な視点でもって
“エロ”が存在する場合のみであって。
 「愛のコリーダ」のように終始一貫して
登場人物だけで完結している“エロ”では
それを観ている第三者には
“エロ”は喚起されないのではないか、
と思うのです。

 「えの素」も、
その映画的な手法と小気味良いスピード感、
キャラクター設定や運動性など
さまざまな魅力がありますが、
“エロ”も“グロ”もあれだけ凄まじいものの、
登場人物だけで完結していて
読者にはほとんど喚起させられない、
その欲望の距離感の面白さも
魅力なのではないでしょうか。

 ・・・などと長々書きましたが、
これで平山さんがもしも
 「葛原さん、萌え~!!!」などと
下半身を「喚起させられ」ていては
説得力ゼロですね。
 失礼しました。
 個人的には「GOLDEN LUCKY」の方が好きです。


 「えの素」作者:榎本俊二氏インタビュー
http://www.toranoana.jp/webdayo/nocomic/ncomic06.html

投稿: 文吾 | 2006年8月16日 (水) 23時18分

おお、おもしろいです、その「エロ」観、めちゃくちゃ説得力があります! 江戸時代の春画などもしばしば、「まぐわう男女+それを覗き見している泥棒」という2つの要素によって構成されていることと通底する問題であるような気がします。

『えの素』はたしかに、登場人物たちだけで完結してますよね。後半に進むほどその傾向が強まっていく。でも逆にそれがおもしろい。変に“エロ”を喚起させられないから、逆に気が散らずに済むのですよ。

実は何を隠そう、僕は、はい、すみません、「葛原さん萌え〜っ!!!」なのですが、もう、葛原さん大好きなんですが、それにもかかわらずなぜか、下半身に来ないんですよ、ちっとも。なんでなんだろう、こんなに好きなのに……とずっと不思議だったんですが、今、その謎があざやかに解けました。なるほど!(笑)

それにしても、こんな貴重なインタビュー記事が今でも読めたとは。ありがとうございました。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年8月17日 (木) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11453197

この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日の「えの素」:

« 太宰治っぽく | トップページ | 無頼派なのか? »