« 両手に花? | トップページ | 見えない「感想」 »

2006年8月25日 (金)

けっこうバカ

Karikari
 これは猫用ドライフード「Carat 7歳からの毛玉ケア 味別パック 5つの味 高齢猫用」の外箱である。「天地」で言ったら「地」の方である。それがなぜ、こうも無残に破壊されているのか。

 この箱を開けるとき、僕が「天地」を適切に識別しなかったからである。「天」の方にはちゃんとミシン線が入っていて、その部分だけピーっと引きはがせば、再び蓋を閉められるような細工が施されている。普通の人は、そこから封を開ける。ことさらに考えなくてもわかることだ。しかし僕はそのとき、それに気づかなかった。

 考えればわかったかもしれないし、そうでなくても、ほんの少しの注意深さがあれば本来の「あけ口」から開けただろう。しかし僕には、それができなかった。だから、力ずくで開けたのだ。無為に早くエサをやりたかったから。

「なんでこういう開け方をしたの?」と妻に笑いながら指摘されて、初めて気づいた。

 そういえば僕は、牛乳の紙パックを開けるときにも、よく「あけ口」と反対側を開けようとしてしまう。あまりに開けにくいのでさすがに途中で気づくのだが、昔はかまわず力ずくで開けて、結果として注ぎ口がボロボロになって使い物にならなくなったりしていた。

「あれさー、どっち側も見た目は同じだけど、“あけ口”の方はちゃんと接着度が弱くて開けやすくなってるんだけど、知ってた?」
「そんなの誰でも知ってるよ!」

 そうなのか。いや、僕が言いたかったのは、たぶん僕以外の人は「あけ口」を間違えて開けてしまうことがあまりないだろうから、接着度が違うことに気づいていないのではないか、ということだったのだが、そうなのか。みんな知ってるのか。

 僕は風貌のせいでしばしば「いつも冷静で、慎重に、几帳面にことを進めるタイプ」と思われがちだが、実はそうでもないのである。意外と、無理を通して道理を引っ込めさせるタイプなのだ。ただ僕は、長いことそのことに気づかずにいた。

 なぜなら、僕自身もまた、自分の風貌にだまされていたからである。

|

« 両手に花? | トップページ | 見えない「感想」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11605832

この記事へのトラックバック一覧です: けっこうバカ:

« 両手に花? | トップページ | 見えない「感想」 »