« 8月15日の「えの素」 | トップページ | 1980年代の亡霊 »

2006年8月16日 (水)

無頼派なのか?

7_1

 月曜に会った友人が一眼レフで撮ってくれた写真をいくつか送ってくれたので、1枚アップしてみる。「これなんか、大宰っぽくない?」と彼自身が言っていたやつじゃないかと思う。彼はメールで写真を送ってくれる際、1枚ずつタイトルみたいなものをつけてくれたのだが、この写真はまさに「無頼派」となっていた。大宰か。うーむ。

 この写真を見るとおわかりと思うが、僕は現在、右手首に腕時計をはめている。プーチン大統領もそうらしい。彼自身はその理由を、「竜頭が当たらないようにするため」と説明しているのだが、ロシアの高官連中の間では、彼の真似をして右手に時計をはめるのがはやっていると聞く。

 僕はなにもプーチンの真似をしているわけではさらさらなくて、6月末にやった左手首のガングリオン摘出手術(はてなダイアリーの「平山瑞穂の黒いシミ通信」参照)後、時計が当たったりするとまだ微妙に痛いので、それを避けているだけだ。本来は左手首にしている。

 さて、この写真では、僕は前髪を長く伸ばしているが、はからずもこれが、この髪型をしている僕を記録した最後の1枚になってしまった。今日は勤務先から休暇を取っていたのだが、朝、目覚めたとき突然思い立って、近所のカット屋で髪をばっさりと切ってしまったのだ。ほぼ、クルーカットだ。いやむしろ、「五分刈り」と言った方が近いだろうか。一瞬の衝動だったが、さっぱりしてよい。夏だし。

 ただ、ここ6、7年ほど、基本的に髪型を変えなかったので、鏡を見るたびにぎょっとする。帰ってきた妻もびっくりしていた。しかし、無為はなんの驚きも当惑も見せず、いつもどおり平然としている。だいたい、猫はそんなに視力がよくないし、たぶん、髪型なんて認識の領野に入ってきていないのだろう。

|

« 8月15日の「えの素」 | トップページ | 1980年代の亡霊 »

コメント

おお! 凄く文士っぽいですこれ! 私小説が似合う感じです。
きっと今夜中には、この写真が全国の平山さんファンの女性たちの、パソコンのデスクトップを飾るのでは?

投稿: kenkaian | 2006年8月16日 (水) 23時22分

こういう風貌なので、「自宅では裸電球の下、着流しで原稿用紙に向かって……」みたいなイメージを勝手に抱かれてしまうわけですよね。

しかし、「全国の平山さんファンの女性たち」……って、仮に実在しておられるとしても絶対数どれくらいなんだろうか(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年8月17日 (木) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11467930

この記事へのトラックバック一覧です: 無頼派なのか?:

« 8月15日の「えの素」 | トップページ | 1980年代の亡霊 »