« 隣のダンジョン | トップページ | コスプレ »

2006年9月16日 (土)

コム・デュザージュ

 今日は妻の誕生日だった。誕生日が近いので、間のどこかでおたがいにお祝いしあう食事を一度にまとめていた時期もあるが、それだとどうしても「祝ってあげている/祝ってもらっている」気がしないので、結局元に戻した。だから、9月はけっこう忙しい。

 神楽坂の某フレンチの店に行く。この店は、『忘れないと誓ったぼくがいた』に出てくるビストロ“コム・デュザージュ”のモデルだ。いや、この言い方は正確ではない。正確には、『忘れないと誓ったぼくがいた』の原型となった小説(1999年執筆)でビストロ“コム・デュザージュ”と同じ位置づけにある店、のモデルと言うべきだ。その原型においては、おそろしいことに、織部あずさは28歳、タカシに当たる人物も29歳なのだった。それでは世界の中心で愛を叫べまい(自虐的・逆説的言辞)。

 ところでその、『忘れないと世界の中心でいま、叫びに行ったぼくがいた』……じゃなくて、『忘れないと誓ったぼくがいた』の韓国語版だが、当初6月下旬刊行予定というのが7月中旬にずれこみ、その後一向に音沙汰がないなと思っていたら、さらに延期になって10月中旬頃の予定という。ひとえに、向こうの版元Studio Born-Freeの都合らしい。僕はともかく、もともと相当無理なスケジュールなのに頑張って締切までに翻訳をアップしたキム・ドンヒさんが気の毒だ。

 まあ、あの手の話は多少肌寒いくらいの気候のときに読む方がふさわしいかもしれないが。

|

« 隣のダンジョン | トップページ | コスプレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11924714

この記事へのトラックバック一覧です: コム・デュザージュ:

« 隣のダンジョン | トップページ | コスプレ »