« BGMについて | トップページ | クリスマス? »

2006年9月20日 (水)

紛失したあれ

 先日更新の手続きを取ったパスポートを受け取りに行く。新しいパスポートは中央にICチップを内蔵したボードみたいなものを挟んでいるので、折り曲げられない。DVDのおまけつき雑誌みたいで気持ち悪い(僕はあの、硬いんだか柔らかいんだかわからない感触が嫌いだ)。

 ICチップが組み込まれたせいで、高温多湿のところや、テレビ・電子レンジのそばなど磁気が強い場所などに保管することもできなくなった。まあ、テレビや電子レンジのそばに無造作にパスポートを置いておく人もいないだろうが。しかし、これだけガードを堅くしても、なおパスポート偽造はなくならないのだろうか。

 実を言うと僕は、渡航先でパスポートを紛失したことがある。大学の卒業旅行でアメリカに行ったときのことだ。ニューヨークのマクドナルドで、パスポートも入っていたバッグを、床の上にじかに置いてしまっていたのだ。なんだか疲れてぼうっとしていた上に、店内がすいていて、従業員がうろうろしている程度だったので油断していた面もあるが、基本的には初歩的もいいところのミスだろう。気がついたら、バッグは跡形もなく消え失せていた。

 ほぼ絶望しながらも、できる努力はし尽くそうと思って、一応、従業員の1人に「バッグがなくなったんだけど知らないか」と訊ねてみた。その黒人従業員はおおげさに眉を吊り上げながら、「ベァーーーーグ? ア・ロン・ノウ!」と肩をすくめた。「知るもんか」と言わんばかりに。というか、実際に彼はそう言っていたのだろう。あの、人を小バカにしくさった顔を、今でも忘れることができない。

 僕のバッグを盗んだのはたぶんまちがいなく、そのマクドナルドの従業員のだれかだったと思う。その「ア・ロン・ノウ!」の男ではなかったとしても。しかし証拠もないので、泣き寝入りするしかない。日本に帰るための仮の渡航証明書を発行してもらうためには、警察に紛失を届け出た証明書が必要だったので、街の小さな警察署に行った。入り口で若い警官が、からかうように"Welcome to the police!"と言った。なんだかもう打ちひしがれていて、泣きたい気分だった。

 あのとき盗まれたパスポートは、その後どこかで高値で取引されたりしたのだろうか。

|

« BGMについて | トップページ | クリスマス? »

コメント

私のパスポートの更新は4年後。私は平山さんと違って、ICチップ入りを持つのが今から楽しみですよー。
磁気と一緒は駄目なんですね。携帯と一緒に持ち歩いてて駄目にしちゃう人が続発しそうじゃないですか?
私は通帳と定期を携帯の磁気で駄目にしたことがあります(泣)。

パスポートは紛失したことはないけど、4ヶ月ほど前、免許書、保険所、ETCカード、定期、スイカ、現金2万、その他いろいろ入った定期入れをなくしました!すごいショックでした。今でも出てきません。
だから大事なものをなくした時の、あの体から血の気が引いていくような嫌な感覚はわかります~。
平山さんの場合は、外国で、しかも若い時分になくされたのだから、さぞかし心細かったでしょうね!傷心に追い討ちを掛ける店員のと警察の態度や言葉へのやりきれなさ・悔しさ、なんかわかるなぁ。

投稿: | 2006年9月21日 (木) 23時04分

うわー、その定期入れ紛失は痛かったですね。生活機能のほぼ全部じゃないですか! 立ち直るのにかなりの時間を必要とされたのではないでしょうか。
そういうものをなくしたときって、ほんと、現実問題困るというのもあるんだけど、それ以上に精神的なダメージが大きいんですよね。いまいましいやらなさけないやら。だから、NYマックの店員や警官には、もしかしたら悪気なんてなかったのかもしれないけど、すべてがマヌケな自分への嘲りみたいに思えてしまって……。
しかしそれを教訓に、その後僕はガードが異常に固くなり、海外から無事戻ってくるたびに「ザマーミロ!」と一人心の中で凱歌を挙げています、「仮想敵」であるその店員と警官と、バッグを盗んだにちがいないだれかに向かって(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年9月22日 (金) 00時02分

そうなんです・・。お金や時間を掛けての免許や保険証、ETCカード(上の自分の誤字を発見して、現在赤面中です。)の再発行、定期やパスネットの再購入など、そのたびに情けない気持ちになりました。 平山さんのおっしゃる通り物理的損失よりも、なんか精神的ダメージが大きかったです。
それから、なにか犯罪に使われるんじゃないかという恐怖も、最初の頃はかなりありましたよ。

確かに、そこで学んだ教訓は大きいですよね!外国でのスリ、置き引きは注意しすぎるぐらいでちょうどいいですよね。

ところで、新パスポートを取得して、どこに行かれるんですか?(過去ログに書いてあったらごめんなさい。10日ほど不在にしてたので、その分をまだ全部読めてないんですー!)私はトルコに行ってたんですよ。

投稿: | 2006年9月22日 (金) 01時05分

トルコ行かれたんですね。実はブログの方を少々覗かせていただきました。いいなぁ、一度行きたいんですよ、トルコ。

いや、僕は今のところ具体的に予定が立ってるわけじゃないんです。パスポートも新規じゃなくて、期限が切れそうだったので今のうちに更新しようと思っただけで。
ただ、直近では、10月に拙著『忘れないと誓ったぼくがいた』の韓国版が出るので、それを機会に、もともと友人である翻訳者のところを訪ねようかなとなんとなく画策しておりますが、その時間が取れるかどうか……。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年9月22日 (金) 01時49分

ブログ、見に来ていただいてありがとうございましたm(__)m
トルコはいいですよ。ぜひ行く機会があったら、参考になるかわかりませんが私の旅行記でも(笑)。

ご自身の著書が外国でも発売されるのですね!すごい!!おめでとうございます。
韓国、行けるといいですね。焼肉にあかすりに、心も体もリフレッシュ!・・・というわけには行かないですかね。お仕事ならば。

投稿: | 2006年9月23日 (土) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11974402

この記事へのトラックバック一覧です: 紛失したあれ:

« BGMについて | トップページ | クリスマス? »