« ミッション終了 | トップページ | ○仁シリーズ »

2006年9月12日 (火)

アンケート外注

 本気で後悔していることがある。3年ほど前、某リサーチ会社から「無作為抽出」によりモニターに選ばれ、約1年にわたって、主に消費者動向を探るのが目的と思われるアンケートに回答したのだが、その会社から先日また電話で協力を要請された際、つい、「やります」と返事してしまったのだ。

 ただでさえ兼業生活で忙しいのに、どうしてそのとき断れなかったのか、いまだにわからない。別に、1度のアンケートにつき謝礼としてもらえる1,000円のギフト券が欲しかったわけじゃない。そんなものより時間が欲しい。毎回40ページほどもある分厚いアンケートに答えて期日までに郵送するのは、はっきり言ってかなりの負担だ。

 だいたい、「この商品を見たことがありますか?」とか訊かれても、ほとんどの場合は「ない」のだ。まあ、それもまたサンプルとしてはアリなのだろう。「30代男性会社員・年収○○万円」として、世の商品のほとんどに関心がない人間ってのもいるだろう。まさに僕がそれだ。しかしそういう人間が、商品の認知度を探る趣旨のアンケートに答えていくのは、ものすごい苦痛なのだ。

 ああ、どうして断れなかったんだろう。現職業の確認をされたとき、わざわざ「実はその後、作家になったんですが、それでもいいんでしょうか?」とまで訊きかえしたのに。いや、実のところ、僕はそのとき、「それではお願いできません」と言ってもらえるのを期待していたのかもしれない。でも、「作家になった」と言った尻から、「あ、いや、兼業ですけどね、会社員のかたわらってことですけどね」とつけ加えてしまい、「では、ご収入のメインはお勤めの会社の方で、ということですね?」と訊かれて「あ、はい」と答えてしまい、「でしたらけっこうですよ」と「認可」されてしまったのだった。ああ、大後悔。なぜ、いらんところでバカ正直になるのだ。

 そんなわけで、今日、第1回目のアンケートが届いた。また40ページくらいある。げんなりだ。だれかにアウトソーシングしちゃおうかな。同封のギフト券1,000円に現ナマ1,000円つけ加えてもいいので、どなたか代わりに回答していただけませんか? 「30代男性会社員」の方がベストですが、多少の差異には目をつぶります。僕の権限で。

|

« ミッション終了 | トップページ | ○仁シリーズ »

コメント

「アンケート回答はなんて楽しいんだ! 謝礼ももらえて最高だ」
くらいのことを書かないと誰も手を挙げないと思います。

投稿: 黄海 | 2006年9月14日 (木) 06時59分

そうか! 「こんなに楽しくてお得なアンケート回答だけど、多忙ゆえ手が回らず、泣く泣くお譲りします」みたいな流れにするべきだったんですね! ああ大失敗。大後悔。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年9月14日 (木) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/11871634

この記事へのトラックバック一覧です: アンケート外注:

« ミッション終了 | トップページ | ○仁シリーズ »