« シュガー漬けな1日 | トップページ | 処分されるアート »

2006年10月15日 (日)

無言の抗議

_2

 先週とまったく同じシチュエーションを撮ったみたいに見えるが、今日、たまたま同じシチュエーションになったところを撮ったものである。くどいようだが、猫は基本的に日だまりがあれば幸せそうなのだ。

 ところで、最近、無為のトイレ周辺で奇怪なできごとが起きる。おしっこがほぼ全部、トイレの容器の外にされているのだ。前からたまに、ポジショニングを誤って、一部を外に出してしまうことはあったが、そういうレベルの話ではない。わざと外にしたのだとしか思えないほど、みごとな水たまりができている。

 ここ1週間の間に、妻も僕も二度ずつそれを片づけているので、かなりの頻度だ。最近、具合が悪くて薬漬けになっているから、それがなにか関係しているのだろうか。そう思って2人とも心配していたのだが、仮に病気や薬が関係しているとしても、どう関係すればそうなるのか見当もつかない。おしっこの量が増えるとか、色がおかしいとかならわかるが、トイレの外にしてしまうというのはいったい……。

 二人で首を傾げている間に、僕がふと思いついた。

「いやがらせ……?」
「あっ……そうかも!」

 もうかれこれ1ヶ月以上、毎日薬を飲ませている。このごろはもういいかげんあきらめの境地に達したのか、逃げ回ることもないが、それでも妻と二人でむりやり薬を飲ませた後は、ものすごく不愉快そうな顔をしている。もしかして、そういう虐待(※本人の視点による)に対するささやかな意趣返しとして、あるいは無言の抗議として、文字どおり「わざと」、無為はおしっこを容器の外にしているのではないか。

 と二人で推測しているまさにそのとき、無為が僕たちの目の前でトイレの容器に入って、小用を始めた。ちゃんと中にしている。そして終わった後は、念入りにチップをかき寄せて埋めている。

「ちゃんと中でしてるじゃん」と妻。
「今は僕らが見てたからじゃないの? いやがらせは見えないところでやるんだよ」

 そう言えば、昔、妻がまだ一人暮らしのアパートで無為を飼っていた頃、ちょっと長い間留守にして帰ってくると、トイレットペーパーが全部引き出されてトイレの床に散乱しており、随所にツメの跡がついていたという。遊びでやったにしてはあまりに派手過ぎるし、普段はトイレットペーパーなどに関心を示さないので、「あれはいやがらせだったにちがいない」と妻は踏んでいた。

 そうなのだ。猫はいやがらせをする動物なのだ。そしてそのいやがらせの方法がまた、あきれるほど的を射ているというか、人間様にとって効果てきめんなのだ。

|

« シュガー漬けな1日 | トップページ | 処分されるアート »

コメント

「化け猫」と言う仮想お化けがあるくらいですから
猫は、人間さまの痛いポイントをつく素質をもっているのかもしれませんね

それにしても無為ちゃん?(くん?でしたっけ?)の行動は、ほほえましいです

失礼
同居の家族は後始末が大変ですよね

投稿: みなっぺ | 2006年10月17日 (火) 09時05分

 あ、無為は一応、メス猫なのですよ。性格が凶暴でどこか「小坊主」という風情があるので、飼い主である僕自身しばしばその事実を忘れているのですが(笑)。
でもまあ、そういう困ったところも含めて文字通り猫っ可愛がりしているわけです。犬のように人間の役に立つような知能の持ち合わせはないくせに、変なところで小賢しいんですよね。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年10月17日 (火) 19時17分

初めまして。平山さんの『シュガーな俺』は親が発見して私も読むようになりました。
毎回楽しみにしております。

そちらから飛んで来たのですが猫の怒りション(と私は呼んでます)について書いてあったのでついコメントしたくなってしまいました。

私が実家を出た後飼われた猫は、私が帰る度に荷物にかけションしてました。親の愛が私に行くのが気に入らなかったようです。分かりやす過ぎる…

あと猫って体の一部が禿げたりすると凹みますよね。
あの小さい頭に何がつまってて、どんな感情が生まれているんでしょうね。

投稿: ちえぞう | 2006年10月19日 (木) 00時16分

> ちえぞうさん
はじめまして。そうですか、「シュガー」流れで……。いや、嬉しいです、あっちのアクセス数に比べて、このブログ極端に人気ねぇなぁと日ごろちょっと気にしていたもので(笑)。いやもう、ご遠慮なくどんどん書き込んでください!

で、「怒りション」、やっぱりあるんですね、よその猫様でも。そういうなんというか、「不快感の表明」の仕方みたいなものが、妙に人間くさいんですよね。こっちが人間的に解釈しすぎてるのかな、と最初は疑うんですが、同じ文脈で同じことが何度も起きると、「やっぱりそういう意味なんだ」と断定せざるをえなくなるという。

ホントにあの小さな頭の中のクルミ大の脳みそで、いったい何を考えているのやら。もともとキャパがあまりないのに、羞恥心とか虚栄心とか嫉妬心とか、そういうムダな(生存していく上ではなくても困らない)ものばかり詰め込んでるからあんなにバカなんだろうか、と思ったりもします。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年10月19日 (木) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/12297228

この記事へのトラックバック一覧です: 無言の抗議:

« シュガー漬けな1日 | トップページ | 処分されるアート »