« 韓国のシュガー | トップページ | 無言の抗議 »

2006年10月14日 (土)

シュガー漬けな1日

 書籍版『シュガーな俺』の、書店に置いてもらう著者手書きPOPを書き、出版契約書に署名し、献本先リストをまとめるという、シュガー漬けの1日となる。毎回忘れているが、刊行前後というのはけっこう忙しいのだ。なんとなく、入稿が済んだ時点で、「もう手が離れた」と思ってしまいがちなのだが。

 書店用POPはこれまでにも何度か書いたことがあるが、何度書いても慣れない。本質的に字が下手(というより、「異形」とよく言われる)な上に、自作を売り込むコピーを考えるのがものすごく苦手なので、消耗するわりにお世辞にも出来栄えのいいものとして仕上げられない。

 まして、そのPOPが立てられた売り場を目にしてしまったりすると、赤面して脱兎のごとく逃走したくなる。皆さん、仮にどこかで見かけても、どうかあまりしげしげと見ないでください(それじゃPOPの意味がないぞ)。

 一方、先日ショップジャパンに頼んでおいたスイブルスイーパーのバッテリー2個が、午後早くに届いた。毎週土曜日は掃除の日なので、やれやれ間に合った、と胸を撫で下ろしたのだが、結果としてそのバッテリーを今日使うことはできなかった。忘れていたが、最低8時間は充電しないと使える状態にならないのだった。しかし掃除の予定を明日に延ばすと、ほかの予定に影響が出るので、やむなく、ほとんど充電できなくなっている古いバッテリーのまま掃除を敢行。

 住戸中をどうにかきれいにして、コーヒーを片手にひと休みしながらメールチェックをしたら、ショップジャパンからメルマガが来ている。だから、メルマガの配信を「希望しない」にチェックつけてフォーム送信したじゃん! やっぱり、そうなのだ。前回も、きっと僕はちゃんと「希望しない」にチェックをつけていたのだ。希望の有無にかかわらず、メルマガを送るという方針なのだ、あそこは。だったらなんで希望の有無を訊ねるんだろう。意味不明だ。

|

« 韓国のシュガー | トップページ | 無言の抗議 »

コメント

おはようございます。
著者の方が手書きでPOPを作るのを初めて聞きました。普通、手書きだと書店員さんか、印刷だと、出版社の人が作っていると思っていたので。執筆だけでなく、そこまでされるのは大変ですね。ご苦労様です。
ところで、「シュガー」というキーワードが出たので、私の糖尿病の近況をお伝えしますと、先週の診察で、HbA1cが4.6まで下がってしまい、逆に医者から「下げすぎだ」と言われ、なんか不快な思いをしてしまいました。お医者さんのほうから「数値を下げろ」と言われ続けて、運動療法や食事療法に取り組んだのに・・・。平山さんの方はその後、お具合いかがですか?

投稿: あべぞー | 2007年10月17日 (水) 08時26分

近くに大きな書店があります。あそこならしげしげと見られるはず。POP楽しみです。

投稿: りりこ | 2007年10月17日 (水) 13時58分

あべぞーさん、りりこさん。
たいへん申し訳ございません。日付がたまたま10月14日になっておりますが、これは丸1年前の日記です(笑)。
おそらく、最初のコメント(アダルトサイトへの誘導をはかる無差別テロ的書き込み。どういう法則なのか、過去の特定の日付の日記にくりかえし書き込まれています。気づけば削除しているのですが、今回は気づいていませんでした)につられてあべぞーさんが今年の14日の日記だと思ってコメントをくださり、りりこさんもそれにならったという流れだったのではないかと……。

そんなわけで、りりこさん、すみません、僕の手書きPOPが見られる機会は当面ないと思います。
それとあべぞーさん、4.6はたしかにちょっと下げすぎですよ!(笑) 僕も経験があるのでわかりますが、食事療法や運動療法をきちんと守れる人は驚くほど少ないので、お医者さんはしつこすぎるくらいしつこく叱咤するものみたいです。あべぞーさんのような真面目な努力家の人がそれを真に受けると、ときとして必要以上に頑張りすぎてしまうことに……。
ちなみに僕の方は特に変わらずといったところですね。ただ最近、インスリンの効きが(つまり、栄養の吸収率が)よすぎて若干太りぎみな気がします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年10月17日 (水) 22時15分

なーんだ。つまんないの~。
プールいかがです? 仕事帰りにスポーツクラブで週2回100メートルほど泳いでます。疲れて不眠症などは吹き飛びます。

投稿: りりこ | 2007年10月18日 (木) 22時53分

プールは全身運動でなおかつ有酸素運動なのですごくいいでしょうね。りりこさんの若々しさの秘訣はそこに……?
時間がない、というのは言い訳なんでしょうねぇ(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年10月22日 (月) 00時35分

はい。金曜の夜はうまくてステキな男の人多くて、うれしいです。(必ず行ってる)

投稿: りりこ | 2007年10月23日 (火) 21時02分

りりこさんはなんというか、色気の絶えない方ですねぇ……(笑)。
しかし僕は金曜の夜はほぼすべて「飲み日」ですので、プールに行くのは無理ですね。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年10月23日 (火) 22時57分

確かに有酸素運動としては、水泳、特に平泳ぎが一番カロリー消費が高いと糖尿用の教育入院で教わりました。でも家の近くの区民プールには小学生か、ひたすら水中ウォーキングを続けるご年配の方しか見受けません。少なくとも目の保養には全くなっておりません。女性の方は別として、男子はすでにマッチョで肉体に自信がある方ばかりです。そういう意味で女性的には、金曜日の夜、帰宅途中に寄るサラリーマンはいけてる人が多いのだと思います。「ラス・マン」確かに今まで拝読した本とはタッチが違いますね(というよりこの本が平山さんの原点ですものね)。第一章は読み終えましたが、「アレ」のイメージが全くつかめません。今のところ、私の頭の中では、巨大な赤ちゃんとぐらいしか想像つかないのが情けないないですが、読み進めたいと思います。

投稿: あべぞー | 2007年10月24日 (水) 17時59分

なるほど、たしかに、僕がプールに行こうとしない理由のひとつは、自分の肉体にさらさら自信がなく、肌を晒すのが恥ずかしいと思って気が引けてしまっているからです(笑)。平日の夜にあえて行くような殿方たちは、基本的に自信があるわけですね!(しかし僕のようなことを言っていると、「うまくなったら練習するよ」と言っているのび太くんと同じで、いつまでたってもこの状態から抜け出せない)。
「ラスマン」、いろいろ戸惑われると思いますが、最後まで読んでいただければ嬉しいです(「アレ」のイメージはまったくもって千差万別、読む人の数だけ「アレ」が存在すると思いますよ・笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年10月24日 (水) 23時42分

腰痛でお悩みの方は水中ウォーキングお薦めです。ウソのように軽くなります。
あべぞーさん そうなんですか! 平泳ぎですか!
平山さん 金曜ははずせないご用時あるわけなんですね(笑) 

投稿: りりこ | 2007年10月25日 (木) 20時47分

りりこさんへ

はじめまして。あべぞーです。私も入院中に色々教育を受けまして、運動療法で消費したエネルギー(カロリー)の算出の仕方は以下の通りです。

1分間のエネルギー消費量(kcal)×体重(kg)×持続時間(分)=消費したエネルギー量(kcal)となります。

運動種目別の係数は、
・散歩0.0464 ・歩行0.0534 ・ジョギング0.1384 ・体操0.0552 ・自転車0.0800 ・階段昇降0.1004 ・平泳ぎ0.1968

(例)体重60kgの人が散歩を30分した場合、0.0464×60×30=83.52kcal となります。
ただし、水泳の中で平泳ぎが一番消費すると申し上げたのは覚え間違いかもしれません。

楽して効果的にカロリー消費をするなら自転車なんかいいかもしれませんね。

投稿: あべぞー | 2007年10月28日 (日) 08時42分

おはようございます。あべぞーです。
またまた遅読になりましたが、「ラス・マンチャス通信」、読破しました。以前平山さんがおっしゃったとおり、難解でした。
正体不明な「アレ」「次の奴」「子どもを食べる、姉の同棲相手」はちょっとホラーっぽく、家族で映画を見るシーンは、奇妙な家族物語のようでもあり、由紀子との関係はねじれた恋愛物語のようにも感じました。
でも一番はっきりイメージが浮かんだのは、「稲川」の人物像です。実は私が大学生の時、アルバイト先の電気工事会社の社長がまさに稲川のような人で、ちょっと粗暴だけど、面倒見がいいというか、よくねえちゃんのいる場末の飲み屋に連れていかれました。それと、フェリーへ乗る前の、放尿シーンは、男にしか分からない、実にリアルな描写で「あるある」って感じで笑えました。とにかく本当に読み応えのある一冊でした。平山さんの発想は奥が深いですね。敬服いたしました。

投稿: あべぞー | 2007年11月 2日 (金) 10時16分

あべぞーさん、ついに「ラスマン」を読まれましたね。とりあえず、ドン引きされたわけではないようで一安心です。そして、いつも丁寧に感想を書いてくださってありがとうございます。今回ばかりは、どう書いたものか迷われたのではないかと推察いたしますが(あの作品の感想は、本当に「人それぞれ」でいいと作者の僕は思っております)。
稲河さんは、あの作品の中では最もキャラが立っている存在だと思いますが、ああいう人、けっこうあちこちに実在しますよね。
次の本が出るのはちょっと先で、早くて3月くらいになってしまうと思うのですが、引き続き、よろしくお願いいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年11月 4日 (日) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/12285490

この記事へのトラックバック一覧です: シュガー漬けな1日:

« 韓国のシュガー | トップページ | 無言の抗議 »