« 朋、遠方より来る | トップページ | カオスな布陣 »

2006年12月21日 (木)

忘却の河

 今日は、僕のインタビュー記事が載った『女性セブン』の発売日だったはずだが、チェックするのを忘れてしまった。せっかく10日ぶりくらいに、職場での仕事を終えてからまっすぐ家に帰る日だったのに。

 夕食を作る元気がなかったので、さっき、近場に食べに行くことになり、その帰りにチェックしてこようと家を出るときは思っていたのに、帰るときになったら忘れてしまっていた。

 もう今さら外に出て行く気にもなれないので、明日チェックすることにしよう。

 以前なら、マンションを出て、車道を隔てたお向かいにセブンイレブンがあったのだが。いや、待てよ、いわゆる女性週刊誌というのは、コンビニには置いていないのだろうか。普段、自分から買うものではないので、そのへんがわからない。それにしても、以前あったあのセブンイレブン、今は100円ショップになってしまっているが、明らかに経営者も替わっている。以前、あのセブンイレブンで店長をやっていたあの冴えない感じのおじさんは、今はどこで何をして生計を立てているのだろうか。

 ときどき、そういうことがひどく気になる。しかし、どうせそれもすぐに忘れてしまうのだ。

|

« 朋、遠方より来る | トップページ | カオスな布陣 »

コメント

女性週刊誌、よくコンビニで立ち読みしてる方がいらっしゃいますよー。
こちらでは一日遅れなので明日以降にチェックさせていただきますね♪

投稿: ダレカ | 2006年12月21日 (木) 22時38分

あ、コンビニ、そうなんですか。そうですよね。なんとなく、ああいう雑誌をコンビニで立ち読みしている人の姿が、残像のように脳に残ってはいたのですが……。
では、明日以降、よろしくお願いいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2006年12月22日 (金) 00時54分

 女性セブン、コンビニで立ち読みしました。平山氏の記事が一面に掲載されていると思っていましたが、糖尿病特集のちょっとしたコラムでしたね。取材を受ける側としては、かなりいろいろ話をしたので、そこそこの大きな記事になると思いきや、何だ、これだけかと落胆されたのではないでしょうか。
 ただ、あれやこれやと聞いておきながら、使うのは、コメントで一行足らずということもあるので、まだ、ましなほうなのでしょうか。  
 そうそう、失礼な話かもしれませんが、高校の時からすでに20年余り、写真を拝見すると、やはり、年輪を感じさせますね。恐らく、私も他人から見れば、そうなのかもしれませんが。
 

投稿: 名乗るほどの者ではありません | 2006年12月23日 (土) 13時45分

「女性セブン」、実はまだチェックしていないのですよ。こうなったら、掲載誌が届くのを素直に待とうかなと思っています。今回、扱いがそれほど大きくないことはあらかじめ聞いていましたのでそれは別にかまわないのですが、結果としてどの部分が取り上げられたのでしょうね。
取材ではたしかに、かなりいろいろしゃべるのですが、文章になるのはそのうちのごく一部だけということはどの記事でも同じですので、むしろ、「ああ、あのライターさんはここに反応したのか」といった違いを楽しむようにしています。
20年経てば、そりゃあ歳も取りますよ(笑)。おたがいもう40前のオッサンではないですか!

投稿: 平山瑞穂 | 2006年12月23日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13153903

この記事へのトラックバック一覧です: 忘却の河:

« 朋、遠方より来る | トップページ | カオスな布陣 »