« 許すということ | トップページ | 非・愛読者 »

2007年1月23日 (火)

3つのメディア

 今日は、3つのメディアで同日に『シュガーな俺』が紹介された、記念すべき日だ。

 しかし、せっかく同日なのに、メディアミックス的な効果は残念ながらあまり期待できない。関西テレビの「痛快!エブリデイ」は10時からの番組。観ているのは専業主婦の方が多いだろう。かたや「日刊ゲンダイ」は男性向けタブロイド紙、「アサヒ芸能」は男性向け(エロあり)週刊誌。この2つを比べても読者層が違っていそうだし、ましてこれらを読んでなおかつ番組も観る人というのは、人為的な意図を介在させないかぎり、確率的に言ってゼロに近い気がする。もし、「全部見た!」という方がおられたら、ぜひお会いしてみたいものだ。

 さて、テレビの方は関東以北では放映されないので、後日送られてくるビデオテープを待つしかないとして、その他2つは、たしかに掲載されているのを確認した。「日刊ゲンダイ」(p.15)の方は、恐れていたとおり(?)、タバコを吸っている写真になっている。ただし、ちょうどタバコを持つ指先あたりに、「糖尿病ライフを楽しんでます」という見出しの「フ」の字がかぶさっているため、一見したところ、タバコを持っているようには見えない。まあ、どっちみち吸っているのは事実なのだが。

 一方「アサヒ芸能」は、p.125「本のバカにつける薬」という書評コーナーのトップページだ。こっちの写真には、なんとなく、「証券アナリスト」といった風情で写っている。日興コーディアル証券って感じ(?)だ。そういえば、昨年暮、「週刊女性」に載ったときは、「お医者さんみたい」と10人くらいから言われた。「dancyu」は、そのムダに色気を出した流し目(意図なし)のせいか、見る人にいろいろな想像(どんな?)をさせてしまったようだ。

 どうしてこう、毎回違った感じで写ってしまうのだろうか。石田衣良さんなどを見ていると、どれも均質というか、ひと目で同一人物とわかる一定の振れ幅内に収まっている気がする。あれはやはり、撮られ慣れていらっしゃるからなのだろうか。カメラを向けられた瞬間に、それ向きの決まった表情を作ることができるということなのだろうか。

|

« 許すということ | トップページ | 非・愛読者 »

コメント

日刊ゲンダイの記事を家内と友人に見せ、かつ本日(1/24)「シュガーな俺」を書店にて買い求めました。こういった輩が日刊ゲンダイ150万部読者のなかに何名おりましょうや。

投稿: masaya.h | 2007年1月24日 (水) 13時44分

すげーむかつく(笑)
むかつきついでに「日刊ゲンダイ」も「アサヒ芸能」もみ~んな買っちゃいました(笑)
むかついている時はなんでもできちゃう。
怒りは行動の原動力なんちゃって~。
(ほとんど壊れている)
それから録画もセットして番組も見ました。
平山さんメチャクチャかっこよかったですよ~(思わず惚れてしまいました・笑)
声がいいですね~。手もいいですね~。(手フェチなんです・笑)
以前音楽が~と言っていましたが、ぴあのをやってます。だから男でも女でも手に目がいってしまう。平山さん結構手大きくないですか?
私は手が小さいので音大までいったけれどやっぱり無理(挫折)でした。今度の小説(冥王星~)確か雑誌で読んだ時、挫折して壊れちゃった人のお話でしたっけ?私にピッタリの小説です。今から楽しみ!
大丈夫ですよ~酔ってませんから。
私は断酒したので、24時間365日シラフです。
もともと飲めない体質なので(ゲコではないかと思ったぐらい)断酒が一番簡単でした!
今日は壊れちゃったシュガでした(終)
あ、そうそう私本当はまりっていうんです(暴露)
今度からまりにかえちゃってもいいですか?

投稿: シュガちゃん | 2007年1月24日 (水) 22時30分

> masaya.hさん
おお、「日刊ゲンダイ」流れで本をご購入いただけたのですね、ありがとうございます! ああいう記事って、実際どれくらいの人が読んでおられるのか、そしてその結果、「本を買う」というところまで行き着いた人がどれくらいいらっしゃるのか、感触がつかめないので、たとえお一人でもこうして「買ったよ」と教えてくださる方がいらっしゃるととても嬉しいです。本、楽しんでいただければいいのですが。

> シュガちゃん(あるいはまり)さん
シュ、シュガちゃんさん、どうなさったんですか、何があったんですか!(笑)
なんにせよ、3点全部(あのエロい「アサ芸」まで……)チェックしてくださってありがとうございます。大感謝です。番組、お褒めいただいても、自分が見たらやっぱり超恥ずかしいだろうと思うんですけどねぇ。ちなみに手は、そうですね、サイズは大きいほうかと思います。これは父親譲りですね。父親はゲンコで殴る人ではなかったのですが、平手打ちでも面積が広いので十分にダメージを受けたものです。
ピアノだったんですね。僕はコンピュータで打ち込みをやっている時期もありましたが、シンセサイザーで入力するので、ピアノを習っていたらずっと楽だったのに、と後悔しましたよ。
さて……なんだか酔ってらっしゃるようにしか見えないのですが(笑)、きっと壊れてしまわないわけにいかないなにかがおありになったのでしょう。そんな日もあります(僕も先週、そうでしたし)。
いずれにせよ、今後は「シュガちゃん」さんでも「まり」さんでも「ああ、シュガちゃんさんだな」と認識するようにいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月25日 (木) 01時28分

ご無沙汰しております。
最近人不足でレジに入ることが多いのですが、先日、『シュガーな俺』と糖尿病用レシピを併せて買って行かれたお客さんがいらっしゃいました。
自分の棚を触れないのに苛々しながらレジ打ちしてたんですが、一瞬で憂鬱が吹き飛びました。何だか単純な僕です。
仕事柄、雑誌もチェックしております。新聞・雑誌の切り抜きを持って来店されるお客さんも多いですし、これだけ沢山記事が載れば、なかなかの効果が見込めるのではないでしょうか?

投稿: kenkaian | 2007年1月25日 (木) 02時28分

書店員さんにとっては、担当の棚をどうアレンジするかといったところにやはりやりがいがあるのでしょうねぇ。日々続々と新刊が届く中、片時も放置できなくて大変だろうなぁとは思いますが。
しかし、糖尿病用レシピと「シュガー」ですか! 実際、食事療法本のコーナーに「シュガー」を置いておけば、けっこう売れるんではないかとひそかに思っているのですが(笑)。
新聞・雑誌は、そうですね、じわじわとでも効果が出てきてくれれば、と思っております。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月25日 (木) 20時15分

今日、日刊ゲンダイとアサヒ芸能を購入しようと思っていたのに、忘れてましたっ!
(ちなみに、昨日の夜、帰国でした)
明日はゲットしますよ。
前に「アサヒ芸能は(いやらしいなら)買いません」とコメントしましたが、あれは半分冗談です。私、そんなこと(エロ本)を気にするような人間ではありません、実は(え?知ってました?)。 全然買えます。 杉本綾の写真集(花と蛇)もちゃんと買いました。あ、関係ありませんね。

アサヒ芸能、台湾に発つ22日に成田空港で立ち読みしたけど(まだ発売前でした・・・)、のっけから裸ばかりでしたねぇ(爆)

ところで、テレビ観られなくて残念でしたが、コメントに詳しく書いてくれる方がいて面白く読ませてもらいました。いつか関東地区で放送されるTVに出るときを楽しみにしてます。

投稿: | 2007年1月25日 (木) 23時34分

台湾でのお仕事、お疲れさまでした。そんなお忙しい折り、いろいろとチェックしてくださって痛み入ります。
ところで、

> 私、そんなこと(エロ本)を気にするような人間ではありません、実は(え?知ってました?)。

の件ですが、知ってましたよ、もちろん(笑)。
前にも言いましたが、香さんはわりと僕のまわりにザラにいるタイプですので、プロファイリングが容易なのですよ! そんなことに腰が引ける香さんではありますまい。
それにしてもあの雑誌はエロが多いですねぇ……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月26日 (金) 01時20分

平山さん、どうもありがとうございます。
おかげさまでだんだん正常(正気)に戻ってまいりました(笑)
それにしても平山さんはオモシロイですね!
お返事のコメントを読んでいたら、物凄く怒っていたのに思わず笑ってしまいました!
さすが小説家というかB型というか、カワシカタというか切り返し方が上手ですね。ものすごく助かりました(感謝です)
ちなみに私のプロファイリングとやらは出来ますか?


投稿: まり | 2007年1月27日 (土) 20時38分

おお、「まり」さんとしての初書き込みですね。平常モードに復されたようでほっとしております。これってやっぱりB型的なんでしょうか。僕はよく知らない人にはA型に見られがちで、親しい人には「典型的なB型」と言われるタイプなわけですが、本質はやっぱりそっちにあるんでしょうね。
ところで、まりさんのプロファイリングは、はっきり言って難しいです。そもそも、当初はもっと年配の方かと思って(思い込まされて?)ましたし、そうかと思えば今回はいきなり壊れていらっしゃるし(笑)。一向に掴めませんよ。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月27日 (土) 22時38分

年齢詐称ですネ!
あれは私の方がびっくりしました(爆)
文章は幼稚(下手)だし、HNには「~ちゃん」なんてつけちゃってるし、てっきり平山さんより年下に思われているものだと・・・
それがある日お返事のコメントの中で「(私の事を)ある年齢以上に達していると~(平山さんご自身の事を)発症が比較的早かったのは~」を読んだときには「嘘でしょ?!」
ともうびっくり・・・どうやって訂正すればいいのか真剣に悩んでしまいました。
ハイ、平山さんより実年齢も若ければ、発症年齢も若いです(笑)

投稿: まり | 2007年1月30日 (火) 20時12分

いやー、その節は本当に失礼いたしました。そもそもなんで年上と思ってしまったんでしょうね。しかし「〜ちゃん」づけは、若いことの根拠にはなりませんよ。けっこうそういうHNつける年配の方もいらっしゃるじゃないですか(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月30日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13633766

この記事へのトラックバック一覧です: 3つのメディア:

« 許すということ | トップページ | 非・愛読者 »