« 楽しかったのに…… | トップページ | フラメンコ »

2007年1月20日 (土)

あいそのいいA先生

 糖尿病の定期診察日なので、『シュガーな俺』における「もうで内科」のモデルであるA内科に。あいそがなくて言葉少なで怖かったA先生が、前回、暮れに行ったときくらいから、なぜか優しくにこやかで多弁になっている。小説の中で「あいそがなくて怖い」と僕に書かれたことを気にしておられるのではないか、と僕はひそかに思っている。

 @niftyの連載ページにも「チェリー」さんとして書き込みをしてくださった栄養士のSさんから、病院で『シュガーな俺』を紹介してもかまわないかと訊かれる。もちろん、願ってもない話だ。ただ、今後も患者として通いつづけるわけで、そういう意味では気恥ずかしくもあるが。

「dancyuにも載ってましたよね?」とSさん。なんでも、出入りしている製薬会社の人が気づいて教えてくれたとのこと。月刊誌だから露出期間が長いし、カラーで写真が載っているので目立つのだろうか。いろいろ取材を受けた中で、「dancyuを見た」と言われることがいちばん多い。前回診察に行ったとき、実は待合室に、僕の記事が載った「週刊現代」が置かれていたのだが、それについては何も言われなかった。

 帰宅してからは、部屋の掃除をして、『冥王星パーティ』のゲラを読む。今回は、入稿するまでにさんざん書き直しただけあって、大きな疑問点もなく、ほぼ細かい言い回しの調整だけで済むので、もっと早く終わっていてもよかった。しかし、忙しくて細切れにしか時間が取れなかったのだ。それも先ほど、ようやく終わった。

 本を出すたびに、ゲラにかかっている期間が長くなっている気がする。最初の頃は、「○○日までに戻してください」と言われると、あまりに余裕のあるスケジュールなので「そんなに日数はいらないのに」と思っていた。そして実際、言われた日より1週間も早く戻したりしていた。しかし今は、けっこうギリギリの進行になっている。仕事が遅くなったというより、間にほかの仕事が入ってしまうためと思われる。それはもちろん、喜ばしいことだ。

 ひとつの作品に集中できるかわりに、次の予定が具体的に何も立っていなかったあの頃は、心細くてつらい時期だったなぁ。

|

« 楽しかったのに…… | トップページ | フラメンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13593739

この記事へのトラックバック一覧です: あいそのいいA先生:

« 楽しかったのに…… | トップページ | フラメンコ »