« フラメンコ | トップページ | 3つのメディア »

2007年1月22日 (月)

許すということ

 だれかを許せずにいることは、つらい。できることなら、許したいと思う。今日、少しだけ、許してもいい気持ちになれた。許さなければいけないとは思わない。人間なんて、そう簡単に割り切れるものではないから。でも、それでも、許せるなら許した方がいい。

 いい歳をして何をやっているんだろうと思う。でも、歳なんて究極には関係ないのだ。歳を取ることによってすべてが割り切れるようなら、人間なんてやっていてもつまらないと思う。

 まあそれはそれとして、明日はいろいろある。「日刊ゲンダイ」と「アサヒ芸能」に、僕のインタビュー記事が掲載される。それと、関西テレビの「痛快!エブリデイ」(10:00am〜)に、僕が登場する。「痛快!エブリデイ」は、近畿一円と三重・徳島の一部で放映されるようだ。関西テレビと言うと、「あるある」系の話で今ちょっとアレだが、それはそれとしてぜひ観てください。ってもう遅いか。

|

« フラメンコ | トップページ | 3つのメディア »

コメント

こんばんは☆
「痛快!エブリディ」見ましたよ~!
先生の声が聞けて幸せです~姿も拝見できて、感激~!10:00からまだかまだかの状態でビデオをセットして待ってました。新聞の見出しは、「南光、ぴーこの気になるあなたも糖尿予備軍?」でした。最初の方は、皆さんで、糖尿のお勉強でしたが、ゲストの皆さん、やっぱり太ってる人がなる病気と思ってるみたいでした。本の紹介があって、ピーコさんが、「この方、まだ若いのよね!」って言われてVTRスタートしました。先生、やっぱり若いですね!美味しそうにたらば蟹のクリームコロッケ食べてましたね。フォアグラとリブロースのつくね焼きなんかもたのんでましたね!ワインも飲んじゃってましたね!糖尿病になっても、わびしい食生活には、ならないんだよって、量とバランスをたもっていけばいけるんですよって言うのが、よく伝わってきました。野菜の美味しさとかも!カロリー計算とか追い詰められたり(ストレス)がよくないと言うのが先生から伝わってきました。先生は恥ずかしい気がするとか言われてましたが、全然そんな事なかったですよ!とても好かったです。あの取材でどの位の時間がかかったのですか?

投稿: epika | 2007年1月23日 (火) 21時26分

あ、観ていただけたのですね、ありがとうございます! 僕は後日送られてくるテープを待つしかないのですが、詳しくダイジェストしていただいたので、だいたいどんな感じか想像がつきました(笑)。
メニューは、番組の意図を汲んで、あえて見るからにカロリーが高そうなものを選びました。でも、ちゃんと野菜も頼んでますからね。悪くない食事ですよ、あれ。あと、炭水化物がなにかあれば。
実際に放映されるのは4分間くらい、と聞いていましたが、そんな感じだったでしょうか。収録自体は2時間近くかかったんですけどねぇ……。でも、普段なにげなく観ているテレビ番組を「あ、こうやって作ってるんだ!」とわかっておもしろかったですよ。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月23日 (火) 21時51分

許す、許さない…難しい問題ですね。シュガーの方に以前書き込んだ、28年間友達でいた彼女と縁を切って早八ヶ月。許す、許さないというよりも彼女とは考え方、価値観が違うんだなぁって思っています。もう、私の中から中学時代の思い出を消して、きれいサッパリになったはずが…。23日に突然電話が来て、結婚披露宴に列席してくれない?と言ってきました。えっ?何で私が、申し訳ないけど出られないと断りました。が、彼女は友達なんだから、許しあうものじゃないの?とか、仮に相手が悪いとしても最後は自分が折れるものじゃない?と言うんです。
28年も友達だったんだから、直接電話で話せば、元に戻れると思ったって。私は、人間が出来てないし、許す、許さないというよりも彼女とは関わりたくないと思ったのです。
「お幸せにね」と言ったのが最後の言葉です。
その点、平山さんは心が広いです。許したいと思う心があるのですから。もし、今、許せなかったとしても、平山さんならきっと許せるのでしょうね。
私の愚痴になってしまいましたね、失礼しました。

投稿: えぞりす | 2007年1月25日 (木) 17時20分

僕はその方を直接存じ上げているわけではないので、あまり軽はずみなことを口にすべきではないとは思いますが、お話を伺うかぎり、えぞりすさん側の認識と引き比べて、ずいぶん無邪気なことをおっしゃる方だなぁと思います。
「関わりたくない」というのは、ある「見切り」ができていて初めて立てる立場だと思いますし、安易に和解したふりなどをすることもなく、はっきりとお断りできたえぞりすさんは、筋が通っていてカッコいいと思いますよ。
「許せない」という気持ちは、逆にまだ相手に対してなんらかの期待があるからこそ生じる気持ちなんだと思います。期待してもきっと報われないと頭ではわかっていても、それを完全に消し去ることがどうしてもできない。だから「許せない」のですよ。だから、僕の「心が広い」なんてことはないんです。ただ、嵐が通り過ぎるのを辛抱強く待っているだけで……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月25日 (木) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13624475

この記事へのトラックバック一覧です: 許すということ:

« フラメンコ | トップページ | 3つのメディア »