« あいそのいいA先生 | トップページ | 許すということ »

2007年1月21日 (日)

フラメンコ

 知り合いが出ているフラメンコの発表会を観に行く。背後で歌っている歌い手の1人は、大渕博光さん。石田衣良さんとちょっとカブる、いかにもモテそうな人だ。この人の単独ライブを聴きに行ったことがある。そのとき、「ハシリダセ!」というオリジナルの(ラテン調の)曲がすごくいいと思って、CDを買い求めるつもりでいたが、それきり忘れていた。いいと思ったものは即座に買い求めないといけない。すぐ忘れる。

 フラメンコといえば、ドラマ「ハケンの品格」で「スーパー派遣社員」を好演している篠原涼子が、オフのときはフラメンコを踊っているという設定になっている。実際にフラメンコをやっている人たちに言わせれば、あれは「あまりうまくない」そうだが、キャラ作りには成功しているのではないか。いや、わからない。僕は基本的に篠原涼子が好きなので、彼女がやっていることに関しては評価がアマアマになっている可能性がある。

 あ、そういえば、先週1週間が対象期間であった某リサーチ会社の「テレビアンケート」に、「ハケンの品格」を観たことを記録するのを忘れたまま投函してしまった。それくらい珍しいことなのだ、僕がテレビドラマを自発的に観るのは。

 ああ、もう12時だ。また1週間が始まる。ハシリダセ!

|

« あいそのいいA先生 | トップページ | 許すということ »

コメント

知り合いがフラメンコ研究会に入っていた縁で、学祭のとき教室でフラメンコを見たことがある。ギター演奏をバックに、裾を翻しつつ踊る女達の生の迫力。踊ってない人達が「オラ!」とか「ボニータ」と声を掛けるので、「タヒボベビーダ」と叫んでみた。心の中で、世界の中心で。
(タヒボベビーダ…アマゾンの健康飲料。なんかすごい味らしい)

投稿: 黄海 | 2007年1月22日 (月) 07時02分

タヒボベビーダ! なんか、音感的に好きです。声に出して言ってみたいアマゾン語って感じです。
いや、フラメンコはすごいですよね、じかに目の当たりにすると。でも「オラ!」って、日本語では罵倒の言葉なので、一瞬ビビったりしますよね、慣れないと。なんか、叱られてる気持ちになってしまって。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年1月23日 (火) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13609839

この記事へのトラックバック一覧です: フラメンコ:

« あいそのいいA先生 | トップページ | 許すということ »