« 言語おたく道 | トップページ | おさけをつぐひと »

2007年2月14日 (水)

My Sweet Valentine

 今朝、目覚める直前まで見ていた夢。淡い茶虎の猫が家にいる。妻が寝ているベッドの脇に寝そべっていて、その猫が自分になついていることを妻が自慢している。しかしやがて僕が隣のベッドに横たわると、茶虎の猫はス……と移動して僕の胸の上に乗っかり、そのまま気持ちよさそうに眠ってしまう。悔しがる妻。僕は猫の心地よい重みと体温を感じながら、夢の中で眠りに落ちる。

 ひどく幸せな夢だった。そして僕は、その夢の中にいる間から気づいていた。それが無為であることに。

 無為はキジ三毛で、夢に出てきた猫とは似ても似つかない模様だった。でも、あれは無為だった。僕にはそれがわかっていた。後になって、ああ、バレンタインだから来てくれたんだな、と思った。猫だからチョコを買ったり作ったりはできないけど、身ひとつで現れることはできる。妻よりも僕に対してより深い親愛の情を示したのも、僕が男で、無為がメス猫だったからなのだ、きっと。そういう、スペシャルな日だったのだ。

 妻が、近所でいちばん気のきいているイタリアンの店でごちそうしてくれた。店内は各年齢層のカップルが目立ったが、入った時点からものすごくデシベルの高いグループがいて、後でよくよく観察したら、ややトウの立った女性ばかりの6人グループだった。ただし、その全員の声量が適正なレベルを超えているわけではない。「あのグループはうるさいな」と思っても、注意深く観察すれば、実は全員がうるさいわけではなく、そのうちの1人かせいぜい2人の声が大きいだけで、ほかのメンバーはいわば連帯責任としてとばっちりを食らっているだけなのだ。

 ちなみに彼女たちは、僕たちが入ってきた時点ですでにデザート段階だった気がするのだが、僕たちが会計を済ませて出て行くときにもまだ粘っていた。Sweet Comic Valentineだ。

|

« 言語おたく道 | トップページ | おさけをつぐひと »

コメント

よかったですね~無為ちゃんきてくれて~
わたしも、たまに夜中、お腹の上に乗ってる
感触がする時があります。猫ってお腹の上、好きですよね(笑)

投稿: epika | 2007年2月15日 (木) 23時04分

無為ちゃんからの素敵な贈り物でしたね。

私はなぜだか、バレンタインデーの朝、中学校の頃に好きだった男の子が夢に出てきました。でも、予知夢でもなかったみたいです。意味不明です。

現在の彼とはもう7回目ぐらいのバレンタインなので、全然気合が入ってません。でもチョコ好きなので、チョコだけあげておけば喜ぶので私も楽かな(笑)。あ、一応、デパートで仕入れた高級チョコを上げてますよ。

ところで平山さんにも送っておくべきでした!まあ、気持ちだけ受け取ってください。あはは。

投稿: | 2007年2月15日 (木) 23時46分

> epikaさん
猫はそうですね、おなかの上、好きですよね。あったかくて安心するんでしょうか。この夢の中でもある程度暗示されているんですが、無為は妻の胸の上より僕の胸の上の方が好きでした。たぶん、男の胸の方が広くて安定性が高いからだったんでしょうね。そんなことも懐かしく思い出します。

> 香さん
はい、お気持ちだけ、ありがたく受け取っておきます。ありがとうございました(笑)。
その、中学時代好きだったという彼が、今どこで何をしているかはご存知なのでしょうか。それは彼が生霊となって香さんになにかを伝えにきたのですよ、と言いたいところですが、女の人は概して、過ぎ去ってしまったことについては残酷なまでに無関心ですからねぇ。
ところで、気合いが入っていてもいなくても、もらえば無条件に嬉しいものですよ、チョコレートって。気合いが入っているかどうかなんて、たいていの場合、男の側にはわかりませんから!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月16日 (金) 01時04分

バレンタイン・デーは職場で義理チョコ、妻からチョコの塊を貰いました。血糖が心配でしたが皆食べてしまいました。( ̄∇ ̄;)
それはそうと、やっぱり平山さんは小説家なのですね。無為ちゃんが出てきた夢のところを読んで感じました。僕にはあのような書き方は出来ません。でも、無為ちゃんが出てきてくれてよかったですね!

投稿: ゾーン | 2007年2月18日 (日) 00時06分

ゾーンさん、いいんですよ、バレンタインのチョコは、「シュガーな俺」で言及している「誕生日のケーキ」と同列の扱いですから! 毎日がバレンタインでは、致命的ですけどね。
小説家……そうですねぇ、まあ、それでオマンマ食ってるわけですからねぇ(実際には、それで「食えて」はいないんですけど……)。でも、その分、ウソもうまいわけですから、僕が言ってることを鵜呑みにしちゃダメですよ(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月18日 (日) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13911940

この記事へのトラックバック一覧です: My Sweet Valentine:

« 言語おたく道 | トップページ | おさけをつぐひと »