« 15年ぶりの変更 | トップページ | 言語おたく道 »

2007年2月12日 (月)

NHKの取材

 NHK大阪「もっともっと関西」(月〜金17:15〜18:00)の取材を受ける。糖尿病予防の特集の中にVTR出演という形だ。先日の関西テレビのときと同じく、取材スタッフが東京に出てきてくださる。池袋の某居酒屋(なぜ、毎回場所が居酒屋なのか)で2時間くらいにわたって収録。ネタは前回の関テレさんとだいぶカブりそうだが、番組の趣旨から言ってそれはどうしようもないだろう。

 ディレクターさんからインタビューを受けて答える形だが、最初、声の出が悪くて困る。直前の3日間、ほぼ終日家にこもって誰とも口をきかずにいたせいか、喋り方を忘れてしまったようだ。

 収録が済んでから、立ち合った世界文化社Uさんと、キムチが含まれていないものを食べにいく。店は立教大学の近くで、立教生と思われる若い人たちで賑わっている。若いっていいな、と思う。そう思うことがフケた証拠なのだな、と思う。

 ああ、なんか疲れた。今日の取材が、というより、その前の3日間の執筆漬け生活が。

|

« 15年ぶりの変更 | トップページ | 言語おたく道 »

コメント

お疲れ様です。
なぜか関西のTV取材が多いですね。関東のTV取材があってもいいと思うのですけど。
今回もキムチと言う名前が嫌いだからキムチが嫌いな世界文化社のUさんが一緒だったのですね。
ちなみに僕はキムチ炒飯が大好きです。(^^;)
若さっていいですよね。僕もまだまだ気持ちは若いつもりなんですけど体がついていきません。そう感じるようになったのもフケた証拠なのでしょうね。

投稿: ゾーン | 2007年2月13日 (火) 00時48分

先生、お疲れ様です。
大丈夫ですか?先生は、とってもハードみたいなんで、まる1日とかは、休憩は無理ですか?無理かな・・・お体ご自愛下さいね^^;
また、放送される日がわかりましたら、教えてください!応援してます!

投稿: epika | 2007年2月13日 (火) 21時54分

お疲れ様です!
番組欄を見てみたら「もっと!関西」とあったので今回も見れそうです(いったいどこに住んでるんだって感じなんですが・笑)
又オンエアの日にちを教えて下さい。

投稿: まり | 2007年2月13日 (火) 21時58分

> ゾーンさん
僕もキムチ大好きですよ。それで、Uさんと一緒であるにもかかわらず、つい石焼きビビンバを頼みそうになってしまい、あわててタコライスに替えました(笑)。
やっぱ、自分の感覚から言っても、無条件に「自分は若い」って思えたのは、せいぜい30歳になるまででしたねぇ……。

> epikaさん
おう、なんということでしょう、本文中でオンエア日について触れていないではないですか! いえ、もう決まってますし、書いたつもりになっていたのです。19日です。またよろしくお願いいたします。でも今回は、関西テレビのときと比べるとやや不調かも……。
「まる1日休養」は、夢ですね(笑)。たぶん、人為的に設定して、「何がなんでも今日はなにもしない」と決めれば可能なんでしょうけど。

> まりさん
あ、そんなわけで、オンエアは19日です。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月13日 (火) 22時01分

「あ」とはなんですか!?(笑)
平山さん元気そうじゃないですか!
心配して損しちゃった(笑)
まりのせいで体調まで悪くなってしまったのではないかと心配してたんですヨ。
19日ですネ!楽しみにしてま~す(笑)

投稿: まり | 2007年2月14日 (水) 00時23分

いえ、ご心配おかけしてすみません、精神的には、まあ元気ですよ。ただ、別にまりさんのせいというわけではありませんが(笑)、肉体的に限界にかぎりなく近づいてはおりまして……。睡眠さえ確保できれば解消するんですけどね、それがなかなか。なるべくほどほどにして寝るように心がけます。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月14日 (水) 01時16分

大変なんですね!
ほどほどにしてちゃんと寝て下さいネ!

投稿: まり | 2007年2月17日 (土) 01時34分

関西人好みのお顔なのでしょうか? 先生は。関東でも拝見したいです。
しゃべり方が??ってありますよね。下界に下りてきたって感じ!
人は一日最低20人と眼を合わせなければ精神がかすかに狂うそうですね。立大の近くは昔とずいぶん変わったでしょうね。はる~か昔受験して見事に落ちてます(笑)  

投稿: りりこ | 2007年2月17日 (土) 10時02分

> まりさん
睡眠不足のままでいつまでももつわけもなく、土曜日などは「寝だめデー」になってしまいますね、どうしても。寝だめカンタービレって感じです(意味不明)。「寝だめ」なんてできないんですけどね、ほんとは。

> りりこさん
そのうち関東にも(と言うか、全国ネットにも)進出できればいいんですが……。
「一日最低20人と眼を合わせなければ精神がかすかに狂う」! そうなんですか。なんか納得できる感じです。1人で家にこもっているとなにやらもの狂おしい気持ちになってきますからね。
ところで、りりこさん、立教受けてらしたんですか(笑)。そういえば今まさに私大受験の真っ最中ですね。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月17日 (土) 20時57分

オモシロ~イ!(すぐに食いつく・笑)
「のだめカンタービレ」ですネ!?
違うかな?

関西弁は難しいで~す。
まりはなんちゃって関西人なのでいつもすぐに「どこの人?」ってつっこまれます(笑)
韓国語講座で関西弁と韓国語はイントネーションが似ていると言っている人がいましたが関西弁も韓国語も話せないので・・・です。平山さんは似ていると思いますか?
もし似ていたら平山さんは関西弁もいけるかもしれませんネ!(バイリンですネ)

TVで拝見した時は、雑誌のお写真(画質があらくてよく分からなかったのですが)とも
違っていたし、コメント(文章)から想像していた印象とも全く違っていたので驚きました。多分実物(失礼)は又違うのではないかな?と思っています。
小説家は「ウソがうまい」そうで・・・いいですね~。確か以前のコメントで「全部ウソでホントの事は1つだけ」と書いてあったような記憶が・・・。ちなみに音楽家は男性は女性的に女性は男性的になっていくそうです
要するに「中性」に近くなるという事なんですが。
「まり」もひょっとしたら「オトコ」かもしれませんヨ~(笑)

投稿: まり | 2007年2月18日 (日) 19時42分

あ、そうです。「のだめ」です。すいませんくだらなくて。
韓国語と関西弁、たしかに似てますよ、イントネーション。抑揚がはっきりしてるところとか、関東人が聞くと微妙にケンカ腰に聞こえるところとか。でも、まりさんもそうみたいですが、「ネイティブ」じゃないとすぐバレるそうですね。
「全部ウソでホントの事は1つだけ」って、どこで書きましたっけ。なんかそんなようなことを言った覚えがなくもないんですが、思い出せません。もしかしたら、それ自体がウソだったのかも(笑)。
ところで、まりさんが男だったらかなりショックです。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月18日 (日) 21時40分

> まりさん
別に削除しなければならないようなコメントではないと思ったのですが、お望みならということで、最後の2つは削除しておきました。
どうぞあまり思いつめずに……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月19日 (月) 07時43分

横レス、すみません。
まりさん、調子がよくないのかしら?
お大事になさってくださいね。

投稿: ダレカ | 2007年2月19日 (月) 13時03分

>ダレカさんへ

いつも心配して下さってどうもありがとう!
優しいんですネ・・・感受性が強いのかな?

>平山さんへ

VTRだけチェックしてみました。
平山さんは優しいというか穏やかな話し方ですね「喋り方を忘れてしまった」には大ウケしましたが(失礼)ちゃんと話してましたよ(笑)気持ち声に元気がないかな?とは感じましたが、顔はいつもそばで見ていないので疲れているかどうかまでは分かりませんでした。(気にされていたので)
平山さんの声は高すぎず低すぎず調度いい感じで、安心するというか落ち着いて聞けるので、まりはスキかな。

前回のカメラは正面からでしたが、今回は斜め45度のアップだったので、普段見れない顔が見れてご自分でもドキドキするんじゃないかな?!(鏡でいつもチェックしてたりして・笑)
後は茶系のセーター?がカワイかったです(笑)

ところで平山さんは手を組んだ時に右手の親指が上にくるんですか?
腕を組んだ時は、左右どっちの腕が上にきますか?

投稿: まり | 2007年2月20日 (火) 23時25分

そうですか、それなりでしたか……。だったらよかったんですけどね。昔、叔父に、「瑞穂君は、しゃべらなければいい男なんだけどね」と言われたことがあって、いまだに人前でしゃべるときはそのことか頭をよぎるんですよ(笑)。僕はまだ録画を観てないのでなんとも言えませんけど。
あ、そういえば今回は休日で、自宅から直行だったので、取材関係では雑誌等含めて初めての普段着ですね。たいていは会社帰りでスーツなので、ある意味ラクだったんですけど。
手を組んだときには必ず右手の親指が上ですね。それって、「女性的」とかでしたっけ? なんかあるんですよね。ちなみに腕を組んだときは、左手が上です。これにはなにか意味が?

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月21日 (水) 01時15分

女性週刊誌に載っていたのだけれどもう捨ててしまったのでおぼえている事だけ簡単に書いておきますネ!

手の組み方でインプットする時に使う脳が、腕の組み方でアウトプットする時に使う脳が分かるそうです。
VTRを見ていた時に平山さんが手を組んで
いたので急に思い出しました(すぐ手に目がいく・笑)

右手の親指が上だと左脳でインプット
左手の親指が上だと右脳でインプット
右腕が上だと左脳でアウトプット
左腕が上だと右脳でアウトプット

という訳で、平山さんは左脳でインプットして右脳でアウトプットしている事になります
ちなみにまりは平山さんとは全く逆で右脳でインプットして左脳でアウトプットしています。
どうりで平山さんは、まりが何を考えているのかさっぱり分からない・・ですよネ(笑)

投稿: まり | 2007年2月21日 (水) 04時49分

なるほど! すいません、なんか、すごく納得してしまいました(笑)。僕が小説という、言語を媒介としながらも究極には右脳的なアウトプット活動を、もっぱら書物などの文献を読んで合理的に整理した情報というインプットを素材として産み出しているというそのあり方を、上記のメカニズムはきわめてスマートに説明してえている気がします。そして、まりさんの真意がストレートに伝わってこないときがあるその理由も、今、明瞭にわかりました! いえ、「さっぱりわからない」わけではないんですけどね、決して。微妙にカンどころのズレた解釈をしてしまうというか……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年2月22日 (木) 00時41分

こんなに納得してもらえるとは思ってもいなかったので、今度はまりの方が頭が混乱(笑)
でもなんかすごく嬉しいかも・・・安心したら眠たくなっちゃった。
平山さんもお疲れのようなので、無理しないで下さいね。

「微妙にカンどころのズレた解釈」
これ気に入りました!
平山さんはやっぱり上手ですネ!

投稿: まり | 2007年2月26日 (月) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/13885354

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの取材:

« 15年ぶりの変更 | トップページ | 言語おたく道 »