« タイトル | トップページ | 『冥王星パーティ』発売 »

2007年3月20日 (火)

脱稿翌日の大詰め

 小学館IKKI連載企画(昨日脱稿した書き下ろしとは別作品)に関して大詰めの打ち合わせ。待ち合わせが紀伊国屋書店新宿本店前で、約束の時間より少し早く着いていたので、新刊コーナーをチェック。

 今日はもともと、『冥王星パーティ』の配本日だ。毎回、配本の前日にブログで告知しているところ、「まだ店頭にありませんでした」というコメントを頂いてしまうことが多いので、今回はせめて都内書店に陳列されているのをこの目で見てからにしようと思っていた。少なくとも、新宿本店にはすでに平積みされていた。

 しかし、Amazonには今もって、書影も出版社による紹介文も表示されない。聞くところによるとシステムに問題が生じているようなのだが、早く表示してほしいものだ。なんだか、本が出たこと自体がバーチャルなできごとみたいで、とてもいやだ。宙に浮いている感じがして落ち着かない。

 で、打ち合わせは首尾よく進み、もうすぐにでも書き始められる体勢が整った。ただし、連載開始のタイミングはあくまで、昨日脱稿した書き下ろしの刊行とリンクする形を取るので、「いつ」と明言できる段階にはまだない。まあおおむね、早くて7月、という感じだ。

 ちなみに、担当のTさん、前回の打ち合わせでは席に着くなりいっさい余談抜きで本題に切り込んできて、そのことを当日このブログにも書いたのだが、今回は、しばらく近況報告や雑談をしてから「では本題に……」という流れになった。もしかして、前回ブログにそのように書かれたことを気にしておられるのだろうか。と訊こうとして訊きそびれた。

|

« タイトル | トップページ | 『冥王星パーティ』発売 »

コメント

はじめまして。
昨日、なんの前知識もなく図書館で
なくとなく手に取った『シュガーな俺』
という本。
おもしろくって、いっきに読んでしまいました。
はじめて平山さんの本を読んだんですが
これからも読み続けるぞーという気持ちに
なりました。(^-^)
執筆活動がんばってください。応援してまーす!

投稿: 果歩 | 2007年3月21日 (水) 08時01分

こちらもはじめましての者です。『冥王星パーティ』、20日夜、水道橋の旭屋書店で見かけてゲットしました。これから読みます。

『ラス・マンチャス通信』と『シュガーな俺』でファンになったものですが、青春小説とされる(?)本は普段は読まないので、ちょっとどきどき、でもわくわくしていますー。

投稿: ち | 2007年3月21日 (水) 13時14分

私も『冥王星パーティー』ゲットしましたよ。今から読むのが楽しみです。でも『わすちか』もまだ読んでない私でした・・・。

ところでニフティーの書影、どうしたんでしょうね!?実は私のブログでも『マイリスト』と称して最近読んだ本を紹介しているのですが、2月ごろアップした本から写真が入ってません!あの時は「この本の写真は無いのかな?」などと軽く受け流しておりましたが、今日また新たに一冊をアップしてみて、やっと平山さんのおっしゃってたことと私のブログに起こっていることが同じであることに気がついたのです。あれは時が経てば直るのでしょうか?
前は書籍名を入力すればニフティーブックスのページに飛んでIBAN番号を手に入れられたのに、書籍名を入力する欄さえなくなっちゃったのです。そういうサービスをやめてしまったのかと思いましたが・・・。

やっぱり書影がないと、意味がないですよね。

投稿: | 2007年3月21日 (水) 14時25分

はじめまして。
昨日『冥王星パーティ』を買って読み終りました。
ラスマンチャス通信で平山先生の本にわくわくさせられたのを思い出して
『冥王星…』を買ったのですが凄く楽しかったです(^-^)
高校生の描写が巧いなぁと思ったのですが
作家さんだから当たり前ですよね(笑)すいません。
でもつい最近高校を卒業した者が言うので確かですよ(笑)

これからも頑張ってください!

投稿: まゆ | 2007年3月21日 (水) 18時35分

おお、疲れ切ってついさっきまで死んだように眠りこけている間に皆さんからのありがたいメッセージが続々と!

> 果歩さん
はじめまして。「シュガー」、楽しんでいただけましたか、よかったです。自分の本について「一気に読んだ」と言っていただけることがけっこう多いのですが、作者としては本当に嬉しいのですよ、それ(書くのには何ヶ月もかかかってるんてすけどね)。
本文中にもあるとおり、ちょうど最新作が出たところですので、よろしければそちらも! 買っていただけるともっと嬉しいですけど贅沢は言いません(笑)。

> ちさん
はじめまして。「ラスマン」と「シュガー」も読んでいただいているんですね。今回のやつ、「青春小説」と銘打たれてはいますが、どっちかというと「ほかに言いようがない」という理由からだと思います(笑)。毎回まったく作風が違っていてなんだか申し訳ないのですが、お楽しみいただけたらいいなぁと思っております。これからもよろしくお願いいたします。

> 香さん
毎度ご購入ありがとうございます! と言っても、「同じ作家の本はなるべく続けて読まないようにする」という香さんの原則からすると(実はそれ、僕も同じですよ、特別な事情がなければ)、ノルマが積み上がってしまうようで申し訳ないです。
Amazon(……のことですよね?)で、いったい何が起きているのでしょうか。僕が担当編集者から聞いているかぎり、「復旧作業が済み次第」というたいへん心もとない返答だったようです……(が、サービス自体をやめたということではないようですよ)。

> まゆさん
はじめまして。お買い上げ&お読み上げありがとうございます! 「ラスマン」からというと落差が激しくて戸惑う方もいらっしゃるのではと思いますが、普通に楽しんでいただけたようで何よりです。しかも、つい最近まで現役高校生だった人にこんな風に言っていただけるとは! 僕が高校生だったのはもう20年ほど前なので、作中で若い人を描くときはいつも「これでいいのかな」と不安なんですが、なんとかクリアできているようで安心いたしました。
これからもよろしくお願いいたします!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月21日 (水) 20時04分

お疲れさまでした。新刊、拝見するの楽しみです。
クロワッサン見ました。女性誌ってね 写真がないのが正解ということあるんです。女性は好奇心が旺盛。文章を見て思うの。「この作家の顔ってどんなんだろ~~ ぜひぜひ見てみたい!」って(笑)

投稿: りりこ | 2007年3月21日 (水) 21時36分

でもですねぇ、僕の場合、というか今回の「クロワッサン」の場合、ネタが「糖尿病」じゃないですか。よくよく読めば、「痩せ型の自分でも」と言ってるわけですが、読んだ人は「糖尿病」という字面を見た時点で自動的に、なんだかこう太ってる人を想像してしまっているのではないかと(笑)。いや、それはそれでおもしろいんですけどね。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月21日 (水) 22時06分

想像してたよりズッとイイ男だった。女はそういうことうれしいです。

投稿: りりこ | 2007年3月23日 (金) 23時35分

なるほど、よくわかりました。それで僕が実際にそう思ってもらえればいいんですけどね(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月24日 (土) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/14332461

この記事へのトラックバック一覧です: 脱稿翌日の大詰め:

« タイトル | トップページ | 『冥王星パーティ』発売 »