« 表紙に恵まれて | トップページ | 脳内過飽和 »

2007年3月17日 (土)

モリミー特集

「野生時代」の4月号で、「森見登美彦の歩き方」と題して特集記事が組まれている。森見さん、本上まなみさんと対談とはなんと羨ましい。「もちぐま」がバス用品だったと初めて知った。ちなみにこの特集には、僕も短い一文を寄せている。「モリミー通が教える!見どころガイド」というページだ。来月発売の「野性時代」には、僕の短編『桃の向こう』も掲載される予定。先ほど、ゲラを戻した。

 Amazonにようやく『冥王星パーティ』のページができていたので、サイドバーにリンクを貼った。この日記を書いている時点で、書影はまだない。書影がないと、本が実体化していないみたいでなんだか不安になる。

 小学館向けの長篇は、今週なかばくらいまでに脱稿したかったが、果たせなかった。まとまった時間がなかなか取れない。取れても、なんだか眠くてしょうがない。どうしてこんなに眠いのか。

 そういえば、ちょっと前の日記に、『冥王星パーティ』で「印税率が上がった。嬉しい」と書いたが、その後、担当編集Gさんより、「新潮社は『ワスチカ』のときから今の印税率でお支払いしてますよ。人聞きの悪い!」とお叱りを受けた。よくよく契約書を見直すと、たしかにそのとおりだった。ある事情があって、勘違いしていたのだ。失敬つかまつった。まったく、人聞きが悪いことこのこの上なし。ここに訂正して深く陳謝いたす次第。

|

« 表紙に恵まれて | トップページ | 脳内過飽和 »

コメント

こんばんは、またも名前が変化しました。今度こそ、これでの定着を狙います所存。
『野生時代』今日うっかり失念して買いそびれてしまいました。キープしていた本を抱えて、まだ何か買わなければいけないのがあった筈なのに……と暫し悩んだのですが思い出せず、そのまま精算。
帰りがけにバイト君から「狷介さんもう野生時代買いました?」と聞かれて発止と膝を打った次第。明日購入致すつもりであります。そして来月号発売に当たってはこの過ちを繰り返さないことをお誓い申し上げます。
密林の書影はどうもタイミングが読めないですね。小生は電撃文庫に言及することが多いのですが、書影がアップされるのが発売後だったりします。売り上げ的にも、早くアップするに越したことは無いと思うんですが……いや、押され気味のリアル書店に心配される義理はないのかも知れませんが、少し気になっています。

投稿: 狷介 | 2007年3月17日 (土) 23時18分

狷介さん、すみません、ついに僕のパンチミスの方にHNを歩み寄らせてしまいました(笑)。しかし、なんだかヴァーチャルなモリミー・キャラとやりとりしているようで楽しくもあり。
まあ、僕が寄せた文はほんとに、一瞬で読み終えてしまうほど短いものですので……。しかし特集はなかなか楽しい内容でしたので、ぜひ明日にでも。
密林(いいですね、これ)の書影は、ほんとに謎なんですよね。書影だけでなくページも、出版社側からはとっくに情報が行ってるはずなのになかなか表示されなかったり、逆にずいぶん前から予約受付になっていたり。
何にせよ、売れてくれるといいなぁ。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月18日 (日) 00時51分

『野性時代』拝見しました。今回はお名前の誤植もなくてよかったです。来月の作品も楽しみです。「青春文学の新たな地平」というシリーズということは、まとまって単行本になったりするのでしょうか?
あと『TARZAN』ですが、やっぱりまだこの髪形に慣れないです……。

投稿: ダレカ | 2007年3月18日 (日) 17時47分

忘れてました、「誤植」事件! あれももう1年以上前ですねぇ。
ちなみに、くだんのシリーズで書くことについてですが、単行本化の構想もぼんやりとは存在しているものの、確たることはまだ何も言えません。今後の動向次第ですね。そうなってくれればいいとは思ってますが。
髪型、慣れませんか? 一応、コンセプトとしては、前の形にスタイリッシュに回帰していこうという方向なんですが(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月18日 (日) 21時59分

『野生時代』恙なく購入する事が出来ました。小生の灰色の脳髄、ちゃんと覚えておりました。
短いながらも、平山さんらしい緻密な文章であると思いました次第。
来月号は、どんな短篇なのでしょうか。『SFマガジン』掲載作は未読でありまして、短篇は「若きWのあらたな悩み」しか拝読しておらぬのです(不肖のファンであります)。今から楽しみであります。

……。
ちょっと僕は文体を作りすぎだと思います(笑)

投稿: 狷介 | 2007年3月18日 (日) 23時22分

そういえば、『若きWの……』も僕の短編作品と言えばそうですね。いつかああした極楽寺坂作品も、商業媒体なり書籍なりに載って日の目を見ることがあのだろうか。

文体、作ってくださいよ、おもしろいですから!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月19日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/14294618

この記事へのトラックバック一覧です: モリミー特集:

« 表紙に恵まれて | トップページ | 脳内過飽和 »