« モリミー特集 | トップページ | タイトル »

2007年3月18日 (日)

脳内過飽和

 昨日・今日でざっと50枚分くらい一気に書き進めた。ということは、「最後の1割」ではなかったということだ(今回は400枚程度の作品なので)。だいたいいつもこうなる。「最後の1割」がキツいと感じるのは、心理的には「あと1割くらいのとこまで来ている」と思っていても、実際には2割だったり3割だったりするからなのだ。

 さて、この後どうするかだな。もうじき入浴するが、その後も書くかどうかということだ。無理をしない方がいいが、たぶん、無理をしてしまうのだろうな、と思っている。それにしても、『冥王星パーティ』の方のAmazonの書影がなぜまだ表示されないのかな、と思っている。今日は何曜日だった?(椎名林檎)、と思っている。さして問題じゃないか(椎名林檎)、と思っている。

|

« モリミー特集 | トップページ | タイトル »

コメント

あちこちのネット書店をのぞいてみましたが、書影を掲載しているところはまだbk1くらいしかないですね。
それよりも、新潮社メルマガとネット書店とではかなり紹介文の印象が違うのに驚きました。「ダークな」って、「ほろ苦い」という意味に解釈していいのかしら。

*****************
(他の方への参考として)
そこそこ美人。要領もいいし、性格だって悪くない。なのに、なんで私は……。
明日の自分を好きになるためには、昨日の自分を見つめ直さなくてはいけません。
「いまの自分」に至った分岐点に戻って、光射す方向へ歩き出さんとする主人公の強さを感じてください。(新潮社メルマガ)

そこそこ美人。要領もいいし、頭だって悪くない。なのに、なんで私はいつも男の選択を間違っちゃうんだろう――迷走する恋愛の果てを描いたダークな青春小説。(ネット書店数社掲載分)

投稿: ダレカ | 2007年3月19日 (月) 00時16分

実を言うと、僕自身、「ダークな」には少々違和感を覚えておりまして。「ダークな」っていうと、「ラスマン」みたいな感じを連想しますよねぇ? いや、著者の感じとしては、「ほろ苦い」の方がずっと近いですよ。たぶんですけど。僕のそういう感覚ってあんまり当てにならないみたいなので(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月19日 (月) 00時44分

でも、「ラスマン」だとラストは光明が見えますよね。これが「ダークな」だと「読後感がよくない小説ですよ(苦手な方にはきついですよ)」と言われているような感じがします。「ワスチカ」発売時の『野性時代』のインタビューでは、この作品については「大人になるほろ苦さ」について描かれているようなお話だったので、あれ?と思いました。

もっと一般読者をつかむ紹介文を!!

(新潮社のこの作品のページが一番詳しいので一応ここに貼り付けておきます。)
*****************
そこそこ美人。要領もいいし、性格だって悪くない。なのに、なんで……。

今日の私は、過去の私の集大成。だから。今の自分が嫌いなら、ちょっとでも変わらなきゃ、未来の自分を好きになることは出来ないんだよね。様々な人生の分岐点のどれが私をここに導いたのかは分からないけれど、この瞬間に選ぶ道は間違っていないと信じたい――迷走する恋愛の果てに待つひとすじの光を予感させる青春小説。
(http://www.shinchosha.co.jp/book/472203/)

投稿: ダレカ | 2007年3月19日 (月) 01時57分

ご指摘ごもっともです。たしかにそうですね。

そんなわけで新潮社Gさん、もしこれをご覧になっていたとしたら、コピーを再検討していただけるとありがたし!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月19日 (月) 02時03分

ひぇ~『冥王星パーティ』ってこんなお話だったのですか!?
以前雑誌で紹介されていたのを走り読みしただけだったので、私、ナンカとんでもない勘違いをしていたようです。
そもそも主人公は「男」だと思っていて、帯タイトル?を読んで、何で「男」がいつも「男」で間違えるのか???だったのですが(いろいろ妄想して楽しんでましたが・笑)
ようやくその謎が解けました(笑)
あ~なんていう事・・・これは期待?をとおりこして、絶対に読まないといけない「本」ですネ!(頭が痛いです)ファンレターどころかノーコメントになりそうです(大汗)

投稿: まり | 2007年3月19日 (月) 02時33分

あ、そうですね、3章構成のうち2章は女視点で書いてます。男視点パートもあるんですが、あのコピーだとマンマ女視点か、もしくはホモ視点(笑)に見えますよね。
いやいや、そう気張られず気楽に読んでいただければ!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月19日 (月) 02時52分

いえ、恋愛が関係あるとは全く思っていなかったので、それでコピーの意味がさっぱり分からなかったのです。
何で男性がいつも「男性」である事に悩み「何」を間違えてしまったのだろうかと・・
一瞬性同一性障害でも抱えているのかと思ってしまいました(笑)。
過去の私は恋愛に限らず「男性」でこけまくっているので紹介文を読んでかなり動揺してしまったようです。大変失礼しました(汗)

ところで「クロワッサン」ようやく買えました!雑誌でコラムを読むのははじめてだったので新鮮でした。全部平山さんが書かれた文章だ~って(笑)。

投稿: まり | 2007年3月19日 (月) 19時33分

恋愛ではなく「男性でこける」とは?(笑)
まあそれはともかく、「クロワッサン」、わざわざお買い上げいただきありがとうございました。コラムなどは書いていてけっこう楽しいので、もっと依頼がくればいいのにな、と思うのですが、ああいうのは名前がないとなかなか……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月19日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/14307645

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内過飽和:

« モリミー特集 | トップページ | タイトル »