« 糾弾する人々 | トップページ | 表紙に恵まれて »

2007年3月14日 (水)

消えた僕コーナー

 僕のインタビュー記事が掲載された「Tarzan」が、今日、発売されたはずだ。書店で確認する暇はなかったが、帰宅したら掲載誌が届いていた。この写真は「微笑」程度に留まっていて、「アンパンマン線」が現れていないからいい。心安らぐ。しかし、先日NHK大阪に出演したときの録画を観たときにも思ったことだが、僕はどうも右の口角をアンバランスに吊り上げる癖があるようだ。意図せずに「不敵な笑い」を浮かべている感じがする。気をつけねば。

 さて、ちょっと前から気づいていて指摘しそびれていたことがある。以前、ちょうど『シュガーな俺』が出た頃だったと思うが、池袋の某大型書店の文芸棚に、「平山瑞穂コーナー」が発生していた。普通の単行本3冊分ほどの幅で、「平山瑞穂」とテプラかなにかで刷られたシールが棚に貼ってあったのだ。

 実際には、その位置にあるのは平野啓一郎さんの本だったり樋口直哉さんの本だったり、あるいは運がよくても「シュガー」1冊が差してあるきりだったりしたのだが、とにもかくにも、店員さんが「平山瑞穂コーナーが必要だ」と判断してくれたことが嬉しかったのだ。曲がりなりにも3作出したのだし、3作あればコーナーを埋めることができる。やった、と思った。

 しかし、1ヶ月ほど前、何の気なしにその文芸棚の前に行ってみたら、「僕コーナー」は消滅していた。平野さんの次は、藤沢周さんだったかな。よく覚えていないが、とにかく、その店に、僕コーナーはもはや存在しない。短い命だった。

 もともとその書店では、文芸コーナー担当の店員さんが僕の作品をすごく買ってくれていたという。だったら僕も一度ご挨拶を、と思い、世界文化社経由で顔つなぎをお願いしたのだが、そのときには、くだんの担当さんは産休に入ってしまったとかいうことで、そのまま機を逸してしまった。たぶん、後任の人は僕の作品を好きではなかったか、僕以外にもっとフィーチャーすべき人材がいくらでもいると考えて、僕のプライオリティーを下げたのだろう。

 まあ、そんなもんだ。そんなもんだが、せつない。せつないが、こんなことでへこたれはしない。正直、プロになってからは、へこたれたくなるようなことの方が圧倒的に多い。しかしそこでいちいちへこたれていては、身がもたないのだ。だから気にすまい。ポジティブに生きよう。ポジティブすぎて病的にならない程度に。

|

« 糾弾する人々 | トップページ | 表紙に恵まれて »

コメント

先生の最後の5行に、何か精神の力強さを感じました。この言葉をわたしも忘れないでいたいと思います。「へこたれてたまるか!何があっても!わたしは頑張るぞー!」って、ありがとうございました。勇気もらいました(^^)v

投稿: epika | 2007年3月15日 (木) 21時20分

へこたれずに、私も頑張るぞー!

遅くなりましたが、
今日シュガーな俺を薦めた先生から本が帰ってきました。
私が貸したけれど、結局先生も購入。
「患者さんが書いてるだけに、リアルで面白いね」と言ってましたよ。

病院で働いている友達もこの本に興味を持っていますし、
看護婦さんも読んでくれたし、
私の周囲ではシュガーな輪が広がってる感じです。

投稿: raum18 | 2007年3月15日 (木) 21時53分

はじめまして。いつも読んでます。
そのとおりです。へこたれてちゃいけないんです!人生いろいろありますよ。いつもいつも他人が自分のことに注目してくれるわけではないけど、仕方ないんです。前進あるのみですね。私もがんばります!

投稿: nora | 2007年3月15日 (木) 22時46分

> epikaさん
まあ、「ガーン!」ということがあまりに多いと、だんだんマヒしてくるって面もあるんですけどね(笑)。でも、経緯はどうあれ明日も頑張ろうって思えるならそれでいいんだ、と思ってます。epikaさんも頑張ってくださいね!

> raum18さん
お久しぶりです。raum18さんのまわりで、しかも医療現場側で、じわじわとシュガー熱が拡がっているとの由、たいへん嬉しいです! 伝道師になってくださってありがとうございます。あちこちのメディアで取り上げられたわりにセールスがイマイチだったので、かくなる上は草の根の口コミでじわじわと伸びていくのを待つしかないかと。今後もよろしくお願いいたします。

> noraさん
はじめまして。激励、ありがとうございます。勝手な想像ですが、noraさんももしやなにかの表現活動をされているのでは? おっしゃるとおり、いろいろありますし、いつもいつも順風満帆なわけではまったくないですけど、おたがい頑張りましょう!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月15日 (木) 23時00分

私は子供の頃、大人になれば精神的に強くなるのだと思っていましたが、実際はそうではありませんでした。年を取った分だけ変なプライドというのでしょうか、それが邪魔して余計に傷ついたり落ち込んだりすることに気がつきました。
平山さんはプロの作家になられて、今まで接してこなかった人々や世間に自分をさらさなくてはいけなくなったから、尚更へこたれるような出来事が多くなったのでは。
いい意味で、プロとしての自覚=プライドが出てきているんですよ。
(的外れな励ましになっているかもしれませんが・・)

あと、疲れていると同じことでもネガティブに考えがちです。ゆっくり休んで・・・というのま儘ならないと思いますが、たまには息抜きしてくださいね!

投稿: | 2007年3月16日 (金) 00時08分

いえいえ、的外れどころかドンピシャな励ましですよ、ありがとうございます!
「大人になれば精神的に強くなる」なんて、まったくありませんよね。むしろ"When I was younger, so much younger than today, I never needed anybody's help in any way. But now these days are gone..."(The Beatles "Help!")という心境です。「一般市民」から、「プロ」にスライドした当初は、今思えばもっとナイーブで傷つきやすかったと思いますが、それから2年とちょっと、多少はタフになったみたいです。なるべく適宜に休養を取るようにして、今後も頑張ってまいります!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年3月16日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/14265491

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた僕コーナー:

» 天王寺 動物園 [天王寺 動物園]
天王寺 動物園は大阪阿倍野にある天王寺と新今宮の間にある動物園です。 動物園の周りには通天閣など大阪名所もあり、利益上がってるのか?と疑わしい フェスティバルゲートやスパワールドなどもあり、なかなか面白い地区です。 [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 01時55分

» 携帯アフィリ起業塾 [アフィリエイト会社(ASP)、アフィリエイター手法、ネットショップ支援会社の紹介 ]
皆さんに、携帯アフィリエイターになっていただき、収益をあげていただくことを目標とし、素人の方でもわかりやすく、簡単にできるよう構成されています。http://regimag.jp/blog/promote/?blog_affiliation=235携帯があればすぐ出来る。アフィリエイトASP運営者が、毎月100万円以上稼ぐ方法論を伝授します。... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 10時33分

« 糾弾する人々 | トップページ | 表紙に恵まれて »