« 雑誌の匂い | トップページ | セレブな無名作家 »

2007年5月16日 (水)

美しい鬼太郎

 ウエンツ瑛士主演の映画「ゲゲゲの鬼太郎」を観る。鬼太郎役にイケメン君を起用するという発想はまったくなかったので度肝を抜かれたが、観てみたら意外になんら違和感がなかった。もっともあれは、劇場版「銀河鉄道999」で鉄郎がいきなり原作とはかけはなれたイケメンになっていたことと似た事情も背景にはあるのだろうけれど。

 とにかく、映画としてはきわめて上質なエンターテインメントという感じで、僕自身が水木先生をこよなく敬愛しているという個人的な事情を度外視しても、なんら掛け値なく、素直に人に勧めたい優れた内容だった。何より、キャスティングが素晴らしい。田中麗奈の猫娘が色っぽくてよかった。井上真央ちゃんの熱のこもった演技も胸を打った。

 みんなよかったけれど、「天狐」役の小雪が、短い場面ながら非常によかった。なんというか、彼女はああいう、人間離れした存在を演じた方がしっくり来るような気がする。人間ではない、神々しいものをごくあたりまえのように自然に演じているところがいい。

「イロモノ」だと思ってなめてかかると手痛いしっぺ返しを食らうであろう出色のできだ。まだの方はぜひ、ご家族・お友達とお誘い合わせの上、観賞してほしい。

 大泉洋扮するねずみ男が最後の方でもらす「あの世保険」ビジネスのアイデアは、たしか原作のどこかにも出てきていたと思う。久々に原作(テレビアニメとのタイアップ的に描かれた『ゲゲゲの鬼太郎』というより、貸本時代の復刻版であるダークな『墓場の鬼太郎』)を読み返してみたいと思ったが、漫画本関係はあまりに多くて、埋もれてしまってどこにあるかわからない。

|

« 雑誌の匂い | トップページ | セレブな無名作家 »

コメント

おはようございまーす。(^-^)
タイトルの『美しい鬼太郎』というのに
ちょっと笑ってしまいました。(笑
たしかに、ウェンツくんが鬼太郎???
と最初は違和感がありましたが、見慣れてきたら
そう見えなくもないか・・・と思ってきてました。
映画だと、本当に引き込まれちゃいそうですね!
個人的に北海道のスター『大泉洋』さんが
ねずみ小僧にはまりすぎていて、若干悲しかったりするんですが。(笑
でも、原作をあまり知らないので、違和感なく見られそうです。今日行ってきます。たのしみー!

投稿: 果歩 | 2007年5月17日 (木) 05時32分

平山さんご推薦なんですね。普通だったら私は絶対に見ない類の映画ですが、ちょっぴり興味が湧きました。
確かに原作からするとハンサムすぎますね。

私の家のそばの商店街にはゲゲゲの鬼太郎キャラが並んでます。なんでも水木しげる氏が毎朝職場に通う途中に通っているとか。

私は水木しげる著の『妖怪入門』という本を子供のときに持っていました。おどろおどろしい絵と解説で子供心にとても怖かったのですが、大人になって読んでみたら面白かっただろうなーと思います。いま、こうしてブームですし。ところが、あの当時でぼろぼろだったので、残念ながらずいぶん昔に捨ててしまったと思われます・・・。
ところで『墓場の鬼太郎』は、確か今の鬼太郎とは違うキャラと容姿だったんですよね・・・?テレビでそう紹介されていたような。

投稿: | 2007年5月17日 (木) 14時23分

> 果歩さん
大泉さん、超ハマってましたよ! とあんまり強調するのもどうかと思うのですが(笑)。しかし、ねずみ男というキャラの持ついかがわしさやインチキ臭さ、いやらしさ・卑しさなどを、彼ほど巧みに演じ切れる人はそうそういないのではないかと。原作でもねずみ男は絶対に欠かせない脇役として活躍しますが、その位置づけは映画でも同じでした。むしろ、透明感のあるウエンツ君の鬼太郎よりも存在感の点で際立っており、映画のトーンを決定する最大の要素のひとつになっていると思います。

> 香さん
僕が推薦する映画ってなんだかイロモノばっかりなんですけどね(笑)。
ところで、香さんはそうなんですか、水木先生ゆかりの街にお住まいなんですね、羨ましい。僕は水木先生にはずいぶん昔から私淑しており、今こうして再評価の嵐が巻き起こっていることが嬉しくてならないのです。
ちなみに元祖「墓場の鬼太郎」はほんとにダークですよ。鬼太郎の顔も邪悪な感じで怖いし、必ずしも、というかぜんぜん「勧善懲悪のヒーロー」ではないのですよ。平気で人間を陥れたりするし(その点では、「ねずみ男」とたいして立ち位置が違わないのです)。何より凄絶なのが、出生の秘密を語るエピソードです。目玉のオヤジがあの姿になる場面、と言ってもいいと思いますが。機会があったらぜひ読んでいただきたいです。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月17日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15099111

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい鬼太郎:

« 雑誌の匂い | トップページ | セレブな無名作家 »