« パンケーキの真実 | トップページ | 今回はご縁が »

2007年5月 7日 (月)

社会人慣れ

 連休が終わった。結局、昼夜逆転をうまく解消できなかったので若干睡眠不足だが、睡眠不足などいつものことだ。意外にスムーズに平常モードに復する。

 若い頃、というのは、社会人になりたての頃は、連休明けなんてもう会社に行きたくなくて、出社拒否寸前だった気がする。そうでなくても、毎週土日はボロ布のように疲れ果てていた。どうしてあんなに疲れていたのかと今になって考えると、それが「社会人であること」それ自体による疲れだったのだ、ということがなんとなくわかってくる。

 仕事がどうこうというより、「社会人であること」によって、僕は気力・体力のほとんどを使い果たしてしまっていたのだ。その頃より今の方が体力自体は乏しくなっているはずなのに、今はその頃よりもっと有効に時間を活用しつつ休み明けにさっと起きて出社することもできているのは、ひとえに「社会人であること」に慣れ、そこで消耗する分が目に見えて減ってきたからなのだ、きっと。

 まことに歳月は日々に疎く、虎穴に入らずんば虎児を得ないものでございます(『シュガーな俺』p.199より)。

|

« パンケーキの真実 | トップページ | 今回はご縁が »

コメント

平山さん、ご無沙汰です。なんか、連休中はばたばたと終わった感があります。コンピューターにゆっくり向かう時間もなく・・・平山さんにコメントを書く暇もなく・・自分のブログも止まったままです。

ところで、サラリーマンのブルーマンデーを共有できるのは嬉しい限りです。
嫌なんだけど、案外すんなり受け入れる自分。確かに「消耗の仕方」は昔よりうまくなった気がします。

投稿: | 2007年5月 7日 (月) 23時57分

なにごとも慣れですよね。朝の満員電車とかも、本来相当異常な事態(見も知らぬ他人と四方八方体を接触させてるなんて!)なはずなのに、もはやなんとも思わなくなってしまっているし。いいことなのか悪いことなのかわかりませんが、それはそれでたくましくていいのではないか、と僕は思っております。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月 8日 (火) 01時07分

ようやっと『冥王星パーティ』読了しました。拙ブログに長々書きましたので、ここでは「とても良かったです」と言うに留めておきます。

確かに社会人慣れはありますね。小生も去年の今頃はもっと酷い有様でした。来年になればもっと慣れているのでしょうか。それまでに辞めそうな気もしますが(笑)

投稿: 狷介 | 2007年5月 8日 (火) 01時31分

おはようございまーす。
お仕事、お疲れ様です。(^-^)
GWも終わり、なんとなくホッとしています。
コンビニがバイト先なので、連休は行楽客がたくさんきて
ある意味、充実したバイトができました。(汗
会社づとめって今までしたことがないので
どうゆうものなのか、少しあこがれるところがあります。
たとえば、上司や同僚とかと集まっての飲み会とか
営業から帰ってきた社員さんに「おつかれさまです」といって
お茶を出したりとか・・・と、ドラマのワンシーンみたいなのしか
浮かばない自分の想像力の貧困さが悲しいですが。(汗
ともかく、今週もハードにお仕事があると思うのでファィトです!

投稿: 果歩 | 2007年5月 8日 (火) 05時38分

初めまして。冥王星パーティ 読ませていただきました。ストーカーさんや、墜ちていく人達の気持ちの一端に、ちょいと共感でき、(私は、そんなエネルギーを持っていませんが)作中人物が それぞれ 愛しくなりました。後味の良い 素敵な物語でしたよ。
又、貴方の本を図書館で見つけたら、読んでみます。図書館専門で、印税に貢献できなくて申し訳ないです。

投稿: 優子 | 2007年5月 8日 (火) 14時09分

> 狷介さん
そういえば狷介さんは社会人1年目をようやく終えられたところでしたよね。大丈夫です、誰しもその間に1度や2度や3度や4度や5度(僕の場合はたぶん数十回)、辞めたくなったり(辞めちゃったり)してますから!(無責任)
ところで、ブログでの感想、読ませていただきました。ありがとうございます! 著者がこういうことを言うのは反則かもしれませんが、「そうそう、そうなんだよ!」と思わずうなずきたくなるような「的確な」読みで、非常に嬉しくまた快かったです。「楕円軌道」については、正直、まったくの偶然なんですけど(笑)、「そうだよね!」と感動してしまいました。

> 果歩さん
あ、バイトはコンビニなんですね! コンビニバイト、実は僕にもだいぶ前にちょっとだけ経験がありまして、それについては今月17日発売予定の「小説すばる」にちょっとしたエッセイを寄せてますよ。
しかし、その後会社勤めをしている僕でも、いわゆる外回りの営業がない業種ですので、そういうドラマのワンシーンみたいなありさまが展開されることもなく、僕にとっても一種の憧れになっております(笑)。

> 優子さん
初めまして。読んでくださってありがとうございます。いえいえ、図書館でもなんでも、読んでくだされば! そして、気に入っていただけたようで何よりです。そうなんですよ、僕としては、困った人たちも含め、主要登場人物のそれぞれになんらかの意味で共感してほしいなと思いながらあれを書いたつもりなんですけど、「誰にも共感できなかった」とか言われてしまうこともあり、そういうときはちょっとヘコみます……。
今後も、もちろん図書館でかまいませんので、できれば末長くおつきあいいただければと思います。よろしくお願いいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月 8日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/14990073

この記事へのトラックバック一覧です: 社会人慣れ:

« パンケーキの真実 | トップページ | 今回はご縁が »