« セレブな無名作家 | トップページ | 子どもの恐怖 »

2007年5月20日 (日)

往生際の悪さ

 深夜あるいは明け方の吐き気が、ようやく治まった。

 たぶん胃酸過多だろうということだったが、胃酸過多でないとすると原因は何が考えられるかと訊いてみたら、「横隔膜というのはこういう形をしていて」と言ってその女医さんは、両手の人さし指と中指を井桁のように組み合わせて説明してくれた。「普段はそれがこのように収縮して、胃の入口を塞いでいるんです。でも、胃の入口付近になにかデキモノができていると、これがうまく閉まらなくなる。そのせいで、長時間横になっていたりすると、胃の内容物が逆流してくるんですね」。疑問の余地のない、きわめて明快な説明だ。

 とりあえず、胃酸を抑える薬と吐き気止めを処方されて、その後ずっとまじめに、1度も欠かさずに飲んでいたが、毎晩毎晩、午前3時〜4時の間くらいに、必ず「逆流」してきて目が覚めてしまう。1度そうなると、横になるなりすぐに逆流してくるので、落ち着くまでしばらく起きていなければならない。

「薬は10日分お出ししておきますが、効きが悪いようならすぐに胃カメラを飲みにきてくださいね」と言われていた。言われていたのだが、そしてこれはあきらかに「効きが悪い」状態だよなと思ってはいたのだが、もしも「デキモノ」ができているのだとしたら、その事実が白日のもとにさらされてしまうのがいやで、病院に行くのを先延ばしにしつづけていた。

 それに、もしも胃の入口の「締まりが悪く」なっているのが原因だとしたら、夜でなくても長時間横になっていれば逆流してくるはずだし、逆に言えば、横になってさえいなければ吐きそうにはならないはずだ。ところが、休日の昼間に2、3時間昼寝をしていてもなんともない一方、横になっていなくてもときどき、特に空腹時などに、胃がムカムカすることもある。ということはやっぱり胃酸過多なんだ、そうにちがいない、と自分に言い聞かせていた。

 結果として、8日目あたりからにわかに調子がよくなって、今は薬を飲まずにいてもなんともない。やはり、なにかのかげんで胃酸が一時的に暴走していただけなのだろう。結果としては、胃カメラを飲むまでもなかった(らしい)ということだ。

 ただ、今回のことでつくづく、自分の往生際の悪さを思い知らされた。思えば、僕が糖尿病にかかり、食前血糖値が300を超えるほど重篤な状態になるまで放置していたのも、これときわめて酷似した理由によるものなのだ。あきらかな異状を感じていながら、「宣告」されるのが怖くて受診を先延ばしにしていた結果なのだ。1度それで懲りているはずなのに、また同じ過ちを繰り返そうとしている。人間というのはどうしてこう、真実を知ることを恐れるのだろうか。ほうっておいたらもっとひどいことになるかもしれないとわかっているにもかかわらず。

 ひとまずほっとしたが、あいかわらずやるべきことは山積みだ。今日は「anan」のインタビュー記事の校正を見て、実業之日本社での書き下ろし用の下調べをしたら終わってしまった。「マトリックス」に出てくるアレが欲しい。脳にダウンロードするだけで、ディスク1枚分の知識とかを一瞬で習得できるアレ。

|

« セレブな無名作家 | トップページ | 子どもの恐怖 »

コメント

ほっ、よかったです。お大事になさってくださいね~。
ところで、『小説すばる』のコラム、やっと読みました。面白かったですね~。センセイのような方が接客業、しかもコンビニだと、きれかかることって多かったのでは?とか想像しつつ、楽しく読めました。またこういうコラム、楽しみにしております♪

投稿: ダレカ | 2007年5月21日 (月) 00時54分

そうですねー、お金をカウンターに叩きつけるように置いて、こっちがレジを打つ前に出ていっちゃう客とか、まあそういうのはたいてい、夕刊紙ひとつ買うだけとかなので気持ちはわからなくもないんだけど、人としてもうちょっとやりようはないのかとムカついたこととかはあります。ただ、意外に少ないんですよ、そういう記憶。たぶん、いろんな意味でものすごく不慣れな仕事だったので、それをこなすので精一杯だったのでしょう(笑)。
ああいうコラム、自分では書きたい気持ちでいっぱいなんですけど、たまにしか依頼がないのでなんとも……。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月21日 (月) 02時02分

おはようございまーす。
ずっと胃の調子が悪いってすごく辛そうですが
今は、少しよくなったみたいで、ちょっと安心しました。
病院に行って診断されるのって、すごくこわい気持ちになりますよね。
なんとなく、自分で予想していても、そこにズバッと診断をくだされて決定されるのは
やはりいやだなぁ・・・って思います。
わたしも去年、ずっと胃痛がして「これは
胃がんかも」と
思って、人生初の胃カメラを体験しました。
もおー、緊張してこわかったー。
看護婦さんが『胃カメラ、鼻と口とどっちから
入れるのがいい?どっちも簡単だよー』なんて
優しくいってくれたけれど、どきどきでした。
結果、鼻から入れて、らくちんでしたが
どこも異常なくって。。。安心反面、なんか物足りないかんじがしました。わがままですね。(笑
コラム、わたしも楽しく読みました。
なんか、わかるわかるー!!というところがいっぱいで、ついうれしくなってしまいました。(^-^)今日もがんばってレジうっきまーす。
平山さんもよい一週間のはじまりでありますように!

投稿: 果歩 | 2007年5月21日 (月) 06時18分

 「も~う! 早く病院行ってください!!」
っていう気持ちです。シュガーの妻としては。

夫がそういうふうに苦しんでいるのを側で見ているのは、とっても不安です。
子どもなら抱きかかえてでも病院に連れて行くことができるんですけど、大の大人となるとそういう訳にもいきませんからねぇ。

 でも、分かります。私もそういう状態の時は、受診するのに勇気が要りますからね。
私の場合は、最悪の場合を想定して、覚悟ができてから、受診します。

 ほとんど、その想像以下の診断がつきますが・・・。

 早め早めに、大げさなくらいのほうが、妻としては安心ですよ。

投稿: シュガーズワイフ | 2007年5月21日 (月) 10時39分

初めましてm(__)m
たった今、ラス・マンチャス通信を読み終えました。ラストが衝撃的で今でも頭がぽかんとしています。今週以内に他の作品も読みたいと思います。平山さんをとても応援したくなりました。読み始めは、平山さんは若い女性の方だと思い込んでいました。すみません;;冥王星パーティーの裏表紙の裏を見て、自分の思い込みが違う事に気付きました。そしてブログのURLが載っていたので来させて頂きました(^∀^)
長々と失礼しました。

投稿: 山田 | 2007年5月21日 (月) 18時27分

> 果歩さん
あ、そうそう、鼻から入れる胃カメラ、意外に楽だそうですね。やってしまえばどうってことないだろうし、何でもない場合にはそれで確実に何でもないことがわかるんだからとっとと飲みに行けばいいのかもしれないんですけどねぇ……。
コラム、コンビニ勤めの果歩さんにはいろいろ思うところもあったでしょうね。あれは短いけれど忘れがたい就労経験でしたよ。

> シュガーズワイフさん
僕も、(糖尿のとき)実際に受診するまでに何度妻にせつかれたことか(笑)。しかしそうするまでについ、「これこれの理由でそれは違うだろう」とか、自分で屁理屈をでっち上げてどうにかして行かずに済む道を探ろうとしてしまうんですよね、まったく無益なことなんですけど。

> 山田さん
「ラスマン」読んでくださってありがとうございます! あれが最初だと、その他の作品はやや物足りなく思ってしまうかもしれませんが、根っこは同じだと自分では思っていますので、どうぞひきつづき!
はい、「若」くもなく「女性」でもないんですよ(笑)。「冥王星」にプロフィール写真を入れたのは、デビュー当時から根強い「女性作家」という誤解をいいかげんに晴らしたくなったからなんですが、それでもなお、女性作家コーナーにしばしば置かれているという……。ともあれ、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月21日 (月) 20時43分

私も最近胃(腸)の調子が悪いです。
夜中にお腹が痛くなったり、また最近はよく下痢をしたりします。
多分暴飲暴食のせいだと思います。旦那さんは「腸が悪くなってるんだよ、病院行きな」と脅します(笑)病院嫌いの私は拒否しますけど・・・

投稿: nao | 2007年5月22日 (火) 16時28分

> naoさん
いやー、それはおそらくただ単に胃腸が荒れているだけでしょうから、さっさと病院に行って薬をもらってくることを僕はお勧めしますが(笑)。かく言う僕も昔は病院嫌いだったんですが、いろんな理由でたびたびかかっているうちになんだか慣れてきてしまいました。おおごとにならなそうであるかぎりは、けっこう迷わず行ってしまいますよ。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月22日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15145545

この記事へのトラックバック一覧です: 往生際の悪さ:

» 糖尿病最新情報2 [糖尿病の症状は気づきにくい!!私、糖尿病予備軍です]
糖尿病に!コロソリン酸ギュッと濃縮・グルコソール!なってしまったら治らない糖尿病!予備軍は非常に多いんですご注意を! コロソリン酸ギュッと濃縮・グルコソール (糖尿病に!) ご存知ですか【糖尿】予備軍を含めた全体では250万人の増加! ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 11時08分

» 血糖値 [血糖値研究サイト]
血糖値を総合的に考えるサイトです。血糖値に関するRSS情報を付記しました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 20時59分

« セレブな無名作家 | トップページ | 子どもの恐怖 »