« よいまずさ | トップページ | 雑誌の匂い »

2007年5月14日 (月)

週明けの不機嫌

 某短編を昨夜かなり遅くまで無理して書いていたため、今日はもう眠くて死にそうだった。土日に稼ごうと思っていても、結局ほかの雑事にかまけてしまったり、平日の疲れを癒すためについ惰眠を貪ってしまったりして、本格的に取りかかるのが日曜の夕方などになってしまう。そうすると、一応、ある程度は「土日で稼いだ」という事実を残したいばかりに、そこから無理をしてしまうわけだ。

 そうやって眠い状態で新しい週がスタートすると、基本的に不機嫌で、ささいなことに超ムカついたりする。帰りの電車で隣に座った若造が、足をだらしなく広げて1.5人分取っている。膝のあたりが接触してきて気持ちが悪いので、それをよけようとして不本意ながら自分の足の幅を狭くすると、狭くした分だけさらに広げてきやがる。また膝が接触して気持ち悪いので、膝を揃えて女座りみたいに反対側へずらすと、さらにその分だけ広げてきやがる。おまけに息がギョーザ臭い。キレる寸前だった。

 自分の駅に着いて立ち上がったとき、ドアが開いたらギリギリまで待って、閉まる寸前にそのだらしなく開いた膝にケリを一発お見舞いしてソッコー逃げてやろうかと一瞬画策したが、幸か不幸かそいつも同じ駅で降りた。そいつは駅から外に出ると、「路上喫煙禁止」のステッカーが貼られた商店街でためらいもなく煙草に火をつけた。天誅が下ればいいと思う。しかし僕らはあまりに無力なのだ。たいていの場合、うしろからこっそり睨みつける程度のことしかできない。

 帰宅したら、小学館から『株式会社ハピネス計画』(確定)の出版契約書が届いている。こうして、ひとつの本が着々と形になり、刊行までの道のりを歩んでいくさまを眺めるのは、何度経験してもわくわくする。それで少しだけ機嫌が直った。その勢いに乗じて、「野性時代」での不定期連載の素案をまとめて送信。今日はもうこれでいいだろう。十分だろう。

|

« よいまずさ | トップページ | 雑誌の匂い »

コメント

おはようございますー!
週末、とっても忙しいんですね。
体調のほう、大丈夫なのかなぁ・・・・と
心配になります。

マナーの悪い人って、本当にむかつきますね。
公共の場を自分の部屋のように自由気ままに
利用している人をみると私もすごくむかつきます。
コンビニのレジの仕事をしていると、そうゆうお客さんがたくさんきます。
ムカムカイライラさせられることも多くて、
たまに、バックヤードで壁をけりたくなります。(笑
昨日もずっと携帯で大声で話ながら店内を物色そしてレジでの支払い中もずっと話しているお客さんが・・・
でも、そこまでなら許す。。。
その後、身振りでレジのうしろに陳列してある、たくさんのタバコの中から何かを指差して
「それもくれ」という身振り。。。でも、こちらちには、どれかが伝わらず、「こちらですか?それともこれですか?」なんて
やりとりをしているうちに、相手が切れて
「そのセブンスターカスタムライトじゃ!わからねえのか!」と怒鳴られました。(汗
むかっーーーーーー!!
ああ、でも、ここで平山さんのグチをいっても仕方ないですね。ごめんなさい。(汗
平山さんの作品を読めることを心まちにして癒されておこう。。。(^-^)

投稿: 果歩 | 2007年5月15日 (火) 05時42分

毎日楽しく読ませて頂いてます。
『自分を律してゆく』平山さんのひたむきさや、困難な状況から逃げ出さずに、カラっと笑い飛ばしちゃうような強さや、そしてこんな本音の誉め言葉にも、照れて居心地悪くなっちゃう、そんな平山さんのファンですよ(^^)
まぁ、世の中には『歩きタバコをして、足を広げて電車に乗るオトコ』よりも、もっと悪意に満ちた意地悪を仕掛ける人が沢山居ますよ〜。
たぶん人って『見知らぬ他人』からの見過ごせない悪癖には腹が立つかもしれませんが、『人間関係がある人』から心ない仕打ちを受けた場合には、それは傷になります。
兼業作家の平山さんなら勿論ご承知のように、仕事上の人間関係には切りたくても切れないものも多いですね。
<因果応報>といいますが、いくら自分が清廉潔白に聖人目指して頑張っていても(仮定ね)、そんな悪意ある人との接触は避けられない。
きっとそれを乗り越えてゆく事が自分にとっての成長に繋がるのだ!!『ピンチをチャンスに変える魔法は自分でしかかけられないもの。』そんな気持ちで日々笑顔を忘れないように頑張ってます。


そんな私にとって、平山さんのブログは『このヒトもかなり頑張ってるんだなぁ〜!私も負けていられないぞ!!』と、勇気の素になるパワー食です。


いつも頑張ってくれてありがとうです〜(^o^)


なので、そんな見知らぬ他人に腹立てるのは時間の無駄だし、(だってその人と共有しなきゃいけない時間って、ほんの少しなんだもの。)私の大好きな平山さんが、そんなに腹が立つって事は、きっと滅茶滅茶『お疲れでいらっしゃる』という事ですね、きっと。

お仕事も大切だと思いますけれど、どうか平和に満ちた至福の時間も持って下さいね(^^)

ファンからのお願いです、、、。

んじゃ、仕事に戻ります〜!!
生意気言っちゃってごめんなさい〜(>_<)

投稿: ねむりねこ | 2007年5月15日 (火) 14時13分

それは、寝不足でなくてもイライラしますね。でも平山さんが小説をずっと書き続けたいなら、触らぬ神にたたりなしですよ。今の時代はおかしな人が多くて、ちょっとしたことで命を落としかねませんから・・・。

私は、一年ほど前、20代の女の子達二人組みが満員電車で足を組んでいるのを注意しました。足が前にせり出してとても邪魔だったからです。でも、結局注意しても、注意した方がバカを見る。あのときのことを思い出すとハラワタが煮えくり返ると同時に、とても悲しくなります。
彼女達に一瞥された上に無視され、こそこそ話され、降りる時に捨て台詞を吐かれ、激昂してこちらが大声を出してしまいました。でも怒ったほうが負けなのですね。
そして、それが男性だったら絶対注意できなかったんだろうなという自分のずるさ。(女の子だから言えたんです)
とても落ち込みました。

平山さんの『株式会社ハピネス計画』を読んでハッピーになれる日を心待ちにしてます。

投稿: | 2007年5月15日 (火) 20時02分

> 果歩さん
うわー、その客ムカつきますねー! いったいナニ様のつもりなんでしょうか。だいたいレジに来てまで携帯で話しつづけてるって時点でもう、人間としての良識を疑います。無人のレジじゃないんだから。ましててめーが吸ってるタバコの銘柄なんか知るかっつーの! 指さしただけでわかるわけないですよね、対面の位置関係で。
そうですね、客商売で、特にコンビニのようにあらゆる種類のお客さんが来るようなところにお勤めだと、マナーの悪い人から受けるストレスは僕の比ではないでしょう(笑)。お疲れさまです……。

> ねむりねこさん
心のこもったコメント、ありがとうございました。そして、お察しのとおり照れまくってしまうような賛辞の数々、痛み入ります(笑)。
たしかに、行きずりの相手の心ないふるまいなど、その場で腹が立つだけですよね。持続的な関係を持たざるをえない人からなにかされた方が、はるかにこたえるしストレスになります。さいわい現在の僕は、そういう方面でのストレスはほとんど受けずに済んでいるようです(そういう関係のいくつかを強引に切ってしまったからかもしれませんが)。
「至福の時間」……一見、得難いものであるようですが、僕はお酒が好きで、気心の知れた人とお酒を飲むだけで「超幸せ」と思ってしまう安いところもあるので、そこでバランスは取るようにしています。ただ、あまり飲んだくれていると担当編集者が心配したりするので、あまりそういうことをブログに書けないのですよ(笑)。
ともあれ、ありがとうございました。なるべく楽しく毎日を送れるよう、心がけます。

> 香さん
まあ、僕はなんだかんだ言って超小心者なので、実際に食ってかかるようなことは万にひとつもないでしょうね、泥酔でもしていないかぎり(泥酔していたら、本当に命を落とすかもしれません。気をつけます……)。
それにしても、電車の中でのそのエピソード、それはハラワタが煮えくり返りますよ! 僕もきっと、同じようなことがあったら、その後何年もつい反芻してはいやな気持ちになっているだろうと思います。しかし実際、そういう手合いには「言うだけムダ」ってところがあるんですよね。それでも、実際に口に出して注意できた香さんはカッコいいと思いますけど。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月15日 (火) 21時49分

平山さん、相当お疲れのご様子(涙)
でも、ケリのひとつも入れたくなりますよね、マナー悪いやつって。
いつも思うのですが、平山さんは自制心がお強いように見受けられます。大人だからかな。考えても実行には移さない。この前の勧誘の電話にしたって、紳士的に振舞おうとする。
見習わなきゃ。
あー、でも電車でのマナーの悪さには、我慢できません!携帯電話しかり、人の肩にもたれかかって寝る奴しかり。
基本が怒りモードなんで、たわいないことにかっときちゃうのです。
この性格、何とかなりませんかねぇ。
(主旨がいつのまにかずれてた。すみません)

投稿: 榊 | 2007年5月16日 (水) 21時40分

自制心、強いですかねぇ……。まあ、厄介ごとが嫌いだし喧嘩も超弱いので、それを避けようとする結果として、自制せざるをえないと言った方が実状に近いような気もしますが。
そのかわり、「考える」だけならなんらトラブルには結びつかないので、心の中ではいつも、とても口には言い表せないようなひどいことを想像してますよ。ムカついた奴を考え得るかぎり最も残虐な方法で惨殺したりとか(笑)。
しかし個人的には、「人の肩にもたれかかって寝る奴」は、多少大目に見てやってほしいなと思います。いや、僕自身、ものすごく疲れてるときとかに、うっかりやってしまうことがあるので(笑)。もちろん、気づいたらすぐに頭を起こして謝るんですけど、あれってなぜか毎回、同じ方向に頭が倒れちゃうんですよ。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年5月17日 (木) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15072875

この記事へのトラックバック一覧です: 週明けの不機嫌:

« よいまずさ | トップページ | 雑誌の匂い »