« 飽くなき虐待 | トップページ | アメリカ飯の後に »

2007年6月25日 (月)

IKKI複合体

 小学館「IKKI」での、漫画家・阿部潤さんとのコラボ企画『魅機(みき)ちゃん』連載第1回分のラフが上がってきている。この場合、「ラフ」というのは、ページレイアウトに僕の小説部分の文面が流し込まれ、イラスト用に枠取りされたエリアに阿部さんのラフが入っている状態、ということなのだが、これは誌面に掲載された現物を見ていただかないとイメージが湧かないだろう。

 小説を原作としたコミック化でもなく、単なる小説と「挿し絵」でもなく、その両者が渾然一体となっているような状態を目指している。そしてそれこそが、この作品がいずれ収まることになる「IKKI COMPLEX」というレーベルが究極に目指すところでもあるわけだが、ああ、やはりこういうのは、自分では客観的に評価できない。ラフを見るかぎり、かなりいいセン行っているように思えるのだが。

 さて、クーニャンは、僕が肩に乗せたまま歩いても動じなくなってきた。このまま肩乗り猫になってしまうのだろうか。そして、僕が「ワッ!」と言いながら覆いかぶさるような姿勢を取ると、ビョーイ、と数十センチほどジャンプするようになった。最初は逃げているのかと思ったが、どうも、立ち向かってきているつもりであるらしい。ただ、そのときそのときの怖さに差があって、怖さが勝っているときは逃げ腰ジャンプになるため、ジャンプの方向が一様ではないということらしい。

 仔猫が家にいると仕事にならない。

|

« 飽くなき虐待 | トップページ | アメリカ飯の後に »

コメント

まじ、うらやましい。
もはや、にくらしくもあります。平山さんの目尻がさがりっぱなしなご様子が、よっくわかります。おうちに帰るのがさぞや楽しみでございましょう?
い、い、なぁぁぁああー。
しかし、くーにゃんは全身が虎目石のようで、ステキな猫さまですね。きっと平山家に繁栄をもたらしてくれることでしょう。
イイナー。

投稿: やまだ | 2007年6月26日 (火) 01時06分

肩乗り猫いいですね~。
うちは先日の噛むハムスターがもともとは「肩乗りハムスター」だったのですが……(涙)(でも、本当は危険なので推奨できない)。
「IKKI」も先日行った書店では見つけられなかったのですが、とても楽しみです。

投稿: ダレカ | 2007年6月26日 (火) 01時31分

おはようございまーす!(^-^)

最後の一言

「子猫が家にいると仕事にならない」がすごく笑っちゃいました

なんか、くーにゃんと戦う(?)平山さんの姿を
想像すると、かなりおもしろいです。(笑

IKKIでのコラボ、ますます楽しみになりました。
わたしは、基本的に漫画って読むことがすくないんですが
原作が平山さんとなったら、読まずにいられません!!

バイトは今日はお休みなので、のんびり餃子の具と皮を作ってました。
朝っぱらから。(笑

平山さんもよい一日にを!

投稿: 果歩 | 2007年6月26日 (火) 05時18分

> やまださん
ふふふ、うらやましいでしょう。そうでしょう。いやーもう、目尻下がりっぱなしです。ただ、なんだか忙しすぎて、家に帰り着くまでは家に猫がいること自体ほぼ忘れているのですよ。だから帰るたびに「あっそういえばいたんだ、クーニャン!」と毎日新たな発見です。ってこれさらにうらやましがらせてるだけですね(笑)。

> ダレカさん
ハムスターくらいなら、小さくてほぼ重みも感じない程度なので、「肩乗り」にするにはちょうどよさそうですね。しかし、「危険」というのは? 僕は齧歯類は飼ったことがないのでわからないのですが。

> 果歩さん
あいかわらず朝っぱらからフル回転ですね(笑)。お休みの日なら、僕だったら二度寝・三度寝・四度寝を決め込みますが、そんなこともないんですね。
ちなみにIKKIのそれは、「原作」というわけでもないんですよ。わかりにくくて申し訳ないんですが、小説は小説でそのまま、文章の形で掲載されるのです。これについてはとにかく、掲載された現物を見ていただくしかないですね。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年6月27日 (水) 01時04分

ペット雑誌か何かで「落っこちると危険」ということでした。猫ちゃんほど着地がうまいわけではないので。

投稿: ダレカ | 2007年6月27日 (水) 02時05分

なるほど。それはそうですよね。しかし、高いところからの着地の名人と言われる猫でも、クーニャンなどはまだそのスキルが身についていないらしく、よく頭からドベッとぶざまに落っこちたりしていて、大丈夫なのかなと心配になります。本人、まるで気にしていないみたいなんですけど。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年6月27日 (水) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15557934

この記事へのトラックバック一覧です: IKKI複合体:

« 飽くなき虐待 | トップページ | アメリカ飯の後に »