« 作家が決めること | トップページ | 角度は気にしない »

2007年6月15日 (金)

いきなりドツボ

 夕方、池袋駅前を通りかかったとき、どこからともなくマイクを通したアカペラの歌声が聞こえてきた。それがビートルズの「イエスタデイ」だとわかり、3声くらいでハモっていることがわかり、ちょうど"Now I need a place to hide away, oh, yesterday..."の部分にさしかかっていることがわかり、悪くないなと思い、続きを聴こうという姿勢になった途端、音声は突如途絶え、後に続くはずの"came suddenly"はなかった。

 まもなく、30mほど先で、アンプを並べてマイクを持った20歳前後くらいの女の子1人+男の子2人のグループが、おまわりさんに注意されて頭を下げている姿が視界に入ってきた。彼らがおとなしく演奏をやめたので、おまわりさんはすぐに立ち去ったが、その後も彼らは、弱り果てたような顔で黙って顔を見合わせながら佇んでいた。どちらかというと、周囲で聴いてくれていた観客たちに対してしめしがつかないと思っているような雰囲気だった。

 僕ももっと聴きたかった。いや、せめて、一応ワンコーラス終わる"came suddenly"まで、唄わせてやってほしかった。聴いている方も、これではあまりに尻切れで、"Yesterday"という曲がそもそも好きかどうかは別として、なんだか気持ちのおさまりがつかない。おまわりさん came suddenly, and broke up the tune. あれくらいは罪のないレベルで、取り締まる必要もないのではないかと個人的には思うのだが、「拡声機を使用した演奏は禁止」といった条例みたいなものがたぶんあるのだろう。「拡声機を使用」しているといっても、実際にはピンキリだと思うのだが。

 ところで、そこで奇しくも"Yesterday"のその部分を聴いていて、高校時代、それを勝手にダサい和訳で歌っていたことを思い出した。"Now I need a place to hide away, oh, yesterday came suddenly"は、彼女に突然別れを告げられ、「今は隠れる場所が必要だ。ああ、昨日、それは突然やって来た」程度の意味だが、ここの節に合わせて、高校生の僕はこう歌った。「穴ーがーあーったら入ーりたーい、おー、いーきなーりドーツボー」。

 今でもなかなか秀逸な訳だと自負している。

|

« 作家が決めること | トップページ | 角度は気にしない »

コメント

おはようございまーす。
「yesterday」の勝手な和訳(笑)
もし、そんな歌詞だったら、「うん、わかるなー」と思いつつも笑ってしまいます。
いーきなーりドーツボーってところが。(笑

路上で歌を歌うのって禁止されているのかなぁ。
わたしの町では、週末、一応繁華街というところで
みんなギターや楽器を片手にしゃがみこんで歌っていたり
激しく弾き語っています。
みたかぎりでは、かなり自己満足の世界ですが、
よっぱらた、サラリーマン風の人たちがそのお兄さんの歌に
聞き入っている姿をみて拍手なんかしているのをみると
ちょっと心があったまりまよすー。(^-^)

投稿: 果歩 | 2007年6月16日 (土) 03時55分

結構たくさんの人が路上で歌っているので、おまわりさんに注意される行為とは思いませんでした。拡声器(マイク?)を使用しているってところが駄目なんですかね。

それにしても平山さんの和訳面白いです!
私は物を訳す時に、意訳って言うのができなくて、つまらない訳、というより日本語としてはイマイチな”いかにも翻訳した感”のある日本語にしかなりません。語学力不足ですね。
だから、高校のころからその才能を垣間見せてる平山さん恐るべし、という感じですよ!

投稿: | 2007年6月16日 (土) 16時39分

> 果歩さん
「路上」はむしろたくさんいるのですよ。彼らは「路上」というより、「駅構内」と言ってもいい位置で演奏していたので、そこが問題だったのかもしれません。「自己満足」みたいなのもたくさんありますけど、最近は全体的にグレードが上がってきたような印象を受けますね。今回の3人組もなかなかでしたよ。
ちなみに僕自身、「酔っぱらって聴き入ってるサラリーマン」の1人になっているときがたまに……(笑)。

> 香さん
そういえば香さんは、お仕事で翻訳みたいなこともされてるんでしたよね。いや、僕も語学力自体はたいしたことないのですよ。ただ、「これ、どういうニュアンスなのかな」というのを考えていると、意訳しないと伝わらないんじゃないか、と思えることが多くて。もっとも、上記「イエスタデイ」の例は、「マッカートニーさん、なんか気取って悲劇の主人公ぶってるけど、要するにこういうことでしょ?」というちょっと意地悪な視点での「習作」なわけですが(笑)。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年6月16日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15445995

この記事へのトラックバック一覧です: いきなりドツボ:

« 作家が決めること | トップページ | 角度は気にしない »