« 目の前で | トップページ | 「ハピネス計画」発売 »

2007年7月26日 (木)

「魅機ちゃん」連載開始

070726_224501

 ちょっといろいろあってなかなか告知できなかったのだが、昨日発売の「IKKI」9月号より、僕の小説『魅機ちゃん』の連載が始まっている。すでにこのブログで何度か説明を試みてきたように、媒体がコミック誌だとは言っても、小説をコミック化したものとか、コミックの原作を僕が書いたとかいうことではなくて、小説そのものが誌面に掲載されているのである。ただし、『the山田家』などで知られる漫画家・阿部潤さんのイラストつきである。

070726_231401_2

  それに、毎回、最終ページには、僕の小説をモチーフとして阿部さんに自由に描いていただく「スピンオフ(派生)・ショートコミック」がもれなくついてくる。これについては、僕自身、ラフの段階で見ただけで、その後どうなっているのか詳しくは知らず、完成品を見たのは実際に掲載されてからだった。タイトルが『ユカリコ』になっているのを見て、おおいに笑った。「ユカリコ」というのは、作品にチョイ役的に登場する小柄な女の子2人組なのだが、彼女たちを狂言回しとして固定することになっているようだ。イラストもさることながら、この最終ページが毎回楽しみだ。

 そして、自分が文字の形で描写したキャラクターたちがこうしてキュートな(ときにはおぞましい)イラストになっているのを見ると、つい欲が出てしまう。アニメになって動いているところを見てみたい、と思ってしまう。本当にそうなってくれればとても楽しいのだが。

 さて、これがどういう物語かというと、僕はどうも自分の作品のサマリーを文章化するのが苦手なので、内容については以下をご参照いただければと。

 IKKI編集部によるイッキ日記 

|

« 目の前で | トップページ | 「ハピネス計画」発売 »

コメント

おはようございます!
ついにIKKIが発売になったんですね!
これは、本屋さんに急がねば・・・。
平山さんの小説の主人公のキャラクターを
漫画でみちゃうと、なんだかイメージがますます
強く残るかんじがします。
平山さんの思ったとおりの絵になっているみたいなので
すごく楽しみ!
小説を書くときに、やはり登場人物の細かいところまで
想定してかくと思うんですが、やはり実際に
図にしてみるって
おもしろそうだなぁ・・・。
ああ、なんかコメントが意味わかんなくって、すみません。(汗
いままでの平山さんの小説の主人公たちも漫画の姿で見てみたいなぁ・・・とかいろいろ
想像してしまいました。
では、今日もお仕事がんばってくださいね!

投稿: 果歩 | 2007年7月27日 (金) 06時29分

こんにちは、平山さん。お久しぶりです。編集者Tさんの好意で、平山さんの画期的な新連載をいち早く本日読むことができました。「魅機ちゃん」。まだまだ物語は出だしでこの先の展開はなんとも想像もつかないんですが、これまでとまったく違う作風ながら、平山さんが媒体を意識しつつ文章を書いておられるのが随所に見受けられました。キャラの「特徴」や「動き」が、「絵」におこされることを意識して、文章を書いてらっしゃるなあと思って、そういう細かいところにいちいち感銘を受けて読んでました。
今は嫁が読んでて、「ラスマンチャスの人だよねえ?」とかとぼけたことをぬかしておりますが、楽しんでいるみたいです。僕も次号以降、楽しみに読ませていただきます。連載ということで大変でしょうが、がんばってください。かげながら、応援しております。

投稿: B | 2007年7月27日 (金) 23時05分

> 果歩さん
人によって違うと思いますが、僕はもう、実写でいつでも映像化できるレベルまで、容貌から物腰、声音に到るまですごくありありと頭に思い浮かべながら、文章によって登場人物を描写しています。それと、阿部さんの描くイラストが、イメージの上で驚くほど似ている、ということなのですよ。そういう意味で、これは本当に楽しい経験ですね。

> Bさん
うわー、Bさんじゃないですか。うわー。お久しぶりです。そして、コメントくださって嬉しいです。うわー。
しかも、編集者Tさんって、え? Tさんってこれの担当のTさんのことですか? な、なにかつながりが? なんだか狐につままれたような気持ちなんですが。えーとえーと。えぇっ?(←混乱している)
あの、ともあれ、ありがとうございます。毎回これだけ作風が違うと固定ファンがつきにくいのは承知の上なんですが、やっぱり、物語にはそれぞれ、その物語にふさわしい装いというものがあると思うのです。そして僕はむしろ、その、要求される装いの方に引きずられてしまうのですよ。
そして、これはこれで、僕にとってひとつの挑戦ではあります。どうぞ末長くご支援いただければと思います。よろしくお願いいたします!

投稿: 平山瑞穂 | 2007年7月28日 (土) 02時05分

あう。「IKKI」 も「ジェイ・ノベル」も未だ見つからず……。
でも、書店でもしやと思って「これから出る本」を頂いてきたら、「ハピネス計画」が「『幸せ』をめぐる怒涛のエンタテインメント!」と紹介されていました。楽しみですね。

投稿: ダレカ | 2007年7月29日 (日) 14時45分

毎度、入手しづらいものばかりでお世話かけます(笑)。
「ハピネス」は、そうですね、明日30日配本なので、遅くとも今週後半くらいにはダレカさんがお住まいのところにも……と思っているんですが。

投稿: 平山瑞穂 | 2007年7月30日 (月) 01時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/15911265

この記事へのトラックバック一覧です: 「魅機ちゃん」連載開始:

« 目の前で | トップページ | 「ハピネス計画」発売 »