« 子どもだと思って…… | トップページ | 在庫一掃セール »

2008年2月14日 (木)

拙社それがしにござる

When there's no getting over that rainbow
When my smallest of dreams won't come true
I can take all the madness the world has to give
But I won't last a day without you

あの虹をわたることができなくても
ほんのささやかな夢さえ叶わなくても
避けられぬこの世の狂気をやりすごすことはできる
でもあなたがいなければ、私は1日だってもたない
(The Carpenters・拙訳)

 ところで、僕は前から思ってるんだけど、「弊社」のかわりに「拙社(せっしゃ)」って言ってみたらどうなんだろう。意味的にはそう離れていないと思うのだが。

「御社が抱えておられるプロブレムは、拙社のご提供するソリューションによって氷解するものと思われます」

 つうかさー、クソ啓発でなにかが解決できるわけ? 啓発する対象がクソで、啓発しようとする側がクソじゃ、それはクソ啓発にしかならないと思うんですけど。クソがクソを啓発してもクソの自乗になるだけっつうかさー、クソをどれだけ積み上げてもそれはクソっつーかさー。クソは結局どこまでもクソだよね。

 あ、いかん、口が滑った。

|

« 子どもだと思って…… | トップページ | 在庫一掃セール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181870/40124398

この記事へのトラックバック一覧です: 拙社それがしにござる:

« 子どもだと思って…… | トップページ | 在庫一掃セール »