« むしろ縮小 | トップページ | 雨の1日 »

2008年5月29日 (木)

ツッコミ挫折

 ボノってなんであんな風になっちゃったんだろう。いや、「あんな風に」って言っても、もともと社会派ではあったわけなんだけど。

 まあそれを言うなら、僕はチョムスキーのアメリカ政府批判の方が驚いたかもしれない。ある時点まで、彼は僕にとって「生成文法」の人でしかなくて、それとは無縁な文脈でさかんに政治的発言をしているなんてまったく知らなかったから。だから、言語学者としてのチョムスキーのことを紹介する本の宣伝コピーが、「アメリカ政府批判で知られるチョムスキーの、もうひとつの顔」などと書いてあると、ツッコむ気力も失せてしまう。「もうひとつの」じゃないでしょと。ああ、この、ムズムズする感じ。ツッコミまくりたいんだけど、それにふさわしい表現がどうしても「生成」されない。深層構造にはそれがあるのに!

|

« むしろ縮小 | トップページ | 雨の1日 »