« それが現実なのだ | トップページ | 他人の靴 »

2008年5月16日 (金)

制服の一部なのか?

 メガネドラッグの店員さんたちは、なぜ全員メガネを着用しているのだろうか。あれはやはり、ユニフォームの一部として義務づけられているのだろうか。そのために、わざわざ視力が弱い人を採用しているのだろうか。「視力が裸眼で0.8未満であること」を要件にしているとか。それとも、目が悪くなくても伊達メガネをつけねばならないのだろうか。

 そういえば、「オプトショップ・ハヤセ」の店員としての織部あずさは、メガネをかけているという設定になっていない。ちなみに台湾版ワスチカで、「オプトショップ・ハヤセ」は「早瀬光學眼鏡行」と訳されていた。なるほど。

|

« それが現実なのだ | トップページ | 他人の靴 »