« 目を閉じていれば | トップページ | 未来など »

2008年6月10日 (火)

賞味期限

 1人の人間が自分に対して持つ意味とか、なんらかの意味での重要性といったものには、たぶん、もれなく賞味期限みたいなものがあるのだ。大嫌いな人のことさえ、いつまでも嫌いつづけるのには一定の困難を感じる。最後には、その人の存在自体が完全にどうでもよくなってしまう。ああ、「どうでもいい」ってこういうことだったんだ、と思う。それはとても残酷なことかもしれないが、いったい誰の観点から見て残酷だというのか。

|

« 目を閉じていれば | トップページ | 未来など »