« 共感など | トップページ | 「魅機ちゃん」最終回 »

2008年6月21日 (土)

韓国の冥王星

080621_232601

『冥王星パーティ』の韓国語版、〈명왕성 파티〉(ミョンワンソン・パティ)。版元はいつもどおり、ソウルのStudio Born-Free。一見したところ「リング」か「着信アリ」かといったホラーテイストな感じだが、意外とこういう攻めもイケるのかもれしない、と思っている。表紙の女の子はヒロインの都築祥子をイメージしたものと思われるが、この透明感、けっこう僕自身が心に抱いている彼女のイメージに近い。

 帯のコピーは、下記のとおり。

*****
“どうしてこんなに遠いところまで来てしまったのだろうか”

それは、最も暗くて遠い場所に来て初めて悟ったこと。どうしても失敗だらけになってしまう人間の自我の成長を扱った〈ラス・マンチャス通信〉 平山瑞穂ワールドの新境地!
*****

 なるほど。日本版とはかなり違う切り口での紹介になっているのが興味深い。ただ、やや記憶があやふやなのだが、日本版の帯も、最初の案ではたしか“どうしてこんなに遠いところまで来てしまったのだろうか”的なキャッチコピーがついていたような気がする(諸事情あってそれはボツになってしまったのだが、僕は気に入っていた)。

|

« 共感など | トップページ | 「魅機ちゃん」最終回 »