« 考えてはいけない(井上陽水) | トップページ | 異形コレクション »

2008年7月 4日 (金)

そういうことだったのか

 瞼を閉じれば、数々の思い出が、胸を熱くよぎる。そしていつも心を離れない、幾人かの人たちがいた。できるならもう一度、僕のまわりに集まってきて、やさしく肩叩き合い、抱きしめてほしい(沢田研二「いくつかの場面」)。

 僕は反省しました。何を反省したかは明日また語ろう。明日また。もしも明日という日があるならば。明日ふたりは血みどろで、風に、風に、風に舞う。

|

« 考えてはいけない(井上陽水) | トップページ | 異形コレクション »