« ラスマン文庫版出来 | トップページ | ライフワーク »

2008年8月28日 (木)

若さゆえ

 若いうちはせいぜい虚勢を張って人生を謳歌するがいい、と僕はその若者を横目に見ながら思うのであった。若いということは、ある意味で無敵であるということである。そして自分がいかに無敵であるかということは、もはや無敵でなくなってからしか気づくことができない。若さとは、気がついたら過ぎ去ってしまっているものなのだ。

|

« ラスマン文庫版出来 | トップページ | ライフワーク »