« やおら語り出す僕 | トップページ | 黒いシミ »

2008年8月10日 (日)

ラスマン文庫版予告

 8月25日発売予定の角川文庫版『ラス・マンチャス通信』、Amazonでもう書影がアップされていたので、サイドバーのリンクに加えておいた。カバーの装画は、若手ペインター榎本耕一さんの作品。単行本のときの田中達之さんのあれと同じく、既存の作品の中にたまたまピッタリのものがあった。終盤近くに出てくる「山荘」や、そこに棲む不気味だが力強いある生き物のイメージと重なり合う絵だ。

 しかし文庫というのはほんとにかさばらないな。文庫しか買わない、文庫でしか本を読まないという人たちの気持ちもよくわかる。

|

« やおら語り出す僕 | トップページ | 黒いシミ »