« 便利な時代 | トップページ | それは疑問なのか »

2008年11月25日 (火)

汚い汁

 ときどき、時間調整のために入る喫茶店がある。カフェじゃない。喫茶店だ。僕が知るかぎり、20年以上前から外観も内装もまったく変化していない筋金入りの喫茶店。こういう業態の店も、根強い需要があってもちこたえているのだな、と頼もしくなるような喫茶店。

 その店ではたいていブレンドコーヒーを注文していたのだが、ある日、ふと気が向いて、「りんごジュース」を頼んでみた。すると店のウェートレスは、厨房にそれを伝えるとき、なんのためらいもなく「りんじゅー」と言った。臨終? それだけでも相当なインパクトだったのだが、おもしろがって今度は「オレンジジュース」を頼んでみたところ、彼女は厨房に向かってこう言った。

 おじゅー。

 汚汁? いや、せめて「オレジュー」でしょう。まあ「オレジュー」は「オレジュー」で、「俺汁」と言ってるみたいであまり気持ちよくはないが。「汚汁」と「俺汁」だったらどちらがいいかな。特定のよく知らない男の「俺汁」よりは、不特定多数のなんだか「汚」い「汁」の方がまだマシかもしれないな。

|

« 便利な時代 | トップページ | それは疑問なのか »