« グリーングリーン | トップページ | ある撮影現場にて »

2009年1月21日 (水)

ポイントのある記事

「週刊女性」2月3日号に、『桃の向こう』について受けた僕のインタビュー記事が載っている(p.126 「著者に直撃!BOOK」)。多忙にかまけ、暮れにインタビューを受けたこと自体を忘れかけていた。ちなみにこのコーナーに登場するのは、2006年の『シュガーな俺』以来2度目である。

 前回も感心したのだが、このコーナーは、書籍紹介記事として非常によくできた作りになっている。特に、「ここが読みドコロ!」という部分がいい。「ここに共感」「ここが学び」「ここに注目」と項目を立てて、その本を読むにあたっての「ポイント」が簡潔に指示されている。ものごとを要領よく相手に伝えることがヘタクソなあらゆる人に学んでほしい姿勢である。

 pointlessであることは、一種の罪悪だと僕は思っている。ああ、一度でいいから、そういう人に向かって真顔で言ってみたい。洋画に出てくる人みたいに。So what's your point? と。

|

« グリーングリーン | トップページ | ある撮影現場にて »