« 魅機ちゃん起動前夜 | トップページ | 『魅機ちゃん』実写版PV »

2009年2月17日 (火)

よく食べた僕

 僕の本の韓国語版を独占的にすでに4冊も出してくれているソウルのStudio Born-freeのムンさんが所用で来日したので、翻訳者キム・ドンヒさんとともに久々にお会いした。2006年の暮れ以来なので、もう2年以上顔を合わせていないことになるが、期せずして「日韓比較文化論」みたいな話で盛り上がった。

 以前お会いした際も驚いたのだが、ムンさんは日本に長期滞在した経験もないのに、かなり流暢に日本語を話す。しかし、どちらかというと話す方が得意で、聞く方は不得手だという。普通は逆ではないかと思う。そういう先入観があるので、つい「これだけ話せるなら」というつもりでこちらも遠慮なく日本語を話してしまうと、今ひとつ伝わらず、部分的にキムさんの通訳が必要になったりする。

 対する僕の方は、飛び交う韓国語がときどきは聞き取れても、自分の口からはまったくしゃべることができず、結局、今日使った韓国語は、店を出るときに言った「チャル・モゴッスムニダ(ごちそうさまでした)」のひとことだけだった。それだったら、韓国語がまったくわからない人でも、丸暗記しておけば言えるレベルだ。なさけない話である。

 ちなみに「チャル・モゴッスムニダ」とは、字義どおりに直訳すれば「よく食べました」の意である。日本人の多くは、これを「なんかかわいいな」と感じるのではないかと思うが、その感覚を韓国の人にわかってもらうのはなかなか難しいだろうなと思う。

|

« 魅機ちゃん起動前夜 | トップページ | 『魅機ちゃん』実写版PV »