« そして20年が過ぎた | トップページ | やっぱりアララゲ派 »

2009年6月25日 (木)

息継ぎ

 絶望の縁にあるときでも、人は希望を持つことができる。しかしそんなときに抱く希望に、どれだけの力があるというのか。甘い未来など信じる気持ちにはなれない。幻想の未来はついに幻想のままで終わるのだ。

 ああ、思い切りいじわるがしたい。取り返しがつかないようないじわるなことを言ってみたい。

|

« そして20年が過ぎた | トップページ | やっぱりアララゲ派 »