« だから僕は歌うんだよ | トップページ | しばし »

2009年8月 3日 (月)

ソイン

 日本ではすでに、「メール」と言えば電子メールのこと、「サイト」と言えばウェブサイトのことを指すという相場が定まりつつあるが、英語ではそれぞれ、e-mail、websiteと言わなければ通じない。それは、英語においては、「手紙」一般を指すmailという語が、また「場所」一般を指すsiteという語が、普通の語彙として先行して存在していたからだ。

 考えてみるとそれは、sewing machineとして日本に導入された機械が、「ミシン」として広まってしまった経緯とよく似ている。machineは「機械」一般を指す語に過ぎず、むしろsewingの方に機能の重点が置かれているにもかわらず、当時の日本ではmachineという語自体が耳新しかったために、そこだけが切り離されて「ミシン」になってしまったわけだ。

 そのときmachineの方が訳語として選ばれ、流通することになったのは、たぶん偶然に過ぎまい。別のパラレルワールドでは、ミシンはミシンではなく「ソイン」とでも呼ばれているのかもしれない。

|

« だから僕は歌うんだよ | トップページ | しばし »