« I, Me, Mine | トップページ | だから僕は歌うんだよ(2) »

2009年9月27日 (日)

「京フェス」出演決定

 京都大学SF研究会が毎年開催している「京フェス」(京都SFフェスティバル)に出演することになった。イベント自体は10月10日(土)、11日(日)の2日にわたって、京都教育文化センターの302号室で行なわれるが、僕の出番は10日の本会企画の4コマ目(15:50〜)になる予定である。

 企画名は「想像力の文学とは何か」。今年3月に創刊された早川書房の叢書「想像力の文学」をめぐって、僕の『全世界のデボラ』と同じ5月の第2回配本のタイミングで長大なダーク・ファンタジー『ネル』を刊行された遠藤徹氏、早川書房でこの叢書を担当しておられる塩澤快浩氏(「SFマガジン」前編集長)と鼎談形式でディスカッションをすることになると思う。

京都SFフェスティバル公式HP

 こうした催しに出演するのは、昨秋、名古屋で開催された「ヤングDMカンファレンス」以来、約1年ぶりである。あのときは、初体験だった上に、催しそのもののテーマが糖尿病関連という意味でやや他流試合のようなところがあり、その分、反省材料も多々あったのだが、今回はもうちょっとはマシなトークができると思う、できるんじゃないかな、ま、ちょっと覚悟はしておけ、と思っている。

 今年はつい最近までちょっと仕事を入れすぎて死ぬほど忙しく、旅行などにもまったく行けていなかったので、1泊だけだが京都観光も兼ねて行ってこようと思っている。

|

« I, Me, Mine | トップページ | だから僕は歌うんだよ(2) »