« 中国語風のカッコいい挨拶 | トップページ | 人類の尊厳は »

2009年11月28日 (土)

in dependence days

 なにも前向きであることそれ自体がよくないと言っているのではない。「前向きであること」に依存して生きようとする心的態度がイケ好かないと言っているのだ。「前向きであること」への依存は、自分がどれくらい空っぽなのかという点についての客観的な認識を曇らせる。自分が置かれた現状を客観的に認識した上で、だったら何ができて何ができないのかをフラットに考える、というのではいけないのか。「前向きに生きて」いさえすれば、もっと正確に言うなら、「自分は前向きに生きている」という認識がありさえすれば、すべてが許されるとでもいうのか。

 そんなのは問題を先送りにしているだけの自転車操業状態にすぎない。「前向きに全力疾走してるつもり」を一生続けるつもりか。

|

« 中国語風のカッコいい挨拶 | トップページ | 人類の尊厳は »