« 今日の反省 | トップページ | Where did you get it? »

2010年2月25日 (木)

職人さんありがとう

 紛失してもう出てこないだろうと絶望していた携帯について、携帯電話会社経由で拾得の連絡が来たので、警察署まで引き取りに行ってきた。受け取りの署名をする際、書類にざっと目を通したところ、拾って警察まで届けてくれた親切な人は、「50歳位の男性、一見職人風」だったらしい。

 拾得場所は、「○○区××3丁目の路上」。地名からすると、僕にとっての最寄り駅から至近だが、いつも行き帰りに使っているのとは線路を挟んで反対側のエリアだ。思い当たる節はある。失くした当日、泥酔して帰ってきて、そのまま家に向かえばいいものを、わざわざそのあたりに行って飲み直してしまったのが祟ったようだ。

 なお、拾得した時間は、失くした当夜の「午前4時半頃」とあった。私鉄沿線の、12時にはあらかたの店が閉まってしまう町で、「午前4時半頃」、駅前をうろうろしていて、路上に落ちている携帯を拾って警察に届けた「一見職人風」の「50歳位の男性」って、いったいどんな人なのだろう。

 とたいへん好奇心が湧いたのだが、残念ながらその奇特な人は、警察に届けたのは翌日仕事に向かう途中だったのか、それとも単にめんどうくさかったのか、「急いでいるから」ということで、名前も連絡先も書き残さずに立ち去ってしまったという。携帯が戻ってきて本当に助かったので、ぜひともお礼はしたいところだったのだが……。

 受け取りの署名以外に、もう一枚、別の書式に住所・氏名を書かされた。それは拾得者に規定の謝礼を渡すことに関する同意書のようなもので、「万が一、拾得した方と連絡がついた場合」に役に立つものだという。一度名乗らずに立ち去った人が、「こないだのアレだけど、時間ができたので」と言ってわざわざ警察署に名前を言うためにやって来るだろうか。「万が一」とは言うが、その可能性は10万にひとつもありそうにない。
 

|

« 今日の反省 | トップページ | Where did you get it? »