« エア推敲 | トップページ | 誤解しないで »

2010年4月25日 (日)

ゾウのヤバい毛

 上野の国立科学博物館で開催中の「大ほ乳類展」を観に行く。動物好き(※)な僕にとってはたいへん楽しい内容で堪能したが、上野のああしたmuseum類はなぜどこも17時で閉まってしまうのだろうか。立ち上がりが遅い僕のような人間には、少々慌ただしい。10時からでなくて12時からでいいので、そのかわり19時くらいまでやってくれるとたいへんありがたいのだが。

※「動物好き」といっても、動物と見れば無条件に「かわい〜!」と言って駆け寄ってしまうような種類の「好き」ではない(僕がそういう反応を示す動物はほぼ猫に限られる)。この場合の「好き」は、どちらかというと生物学的関心に近い。

 ところで、会場にはインドゾウとアフリカゾウの鼻の部分だけの標本がホルマリンかなにかに浸けてガラスケースで展示されていた。毛が生えた生々しい皮膚のありさまには目を奪われたが、それより興味深かったのは、ケースの側面から見たつけ根部分の断面だった。分厚い筋肉の層の中ほどに、ぽっかりと2つの空洞がある。「鼻の穴」である。ああ、こんな特異な進化を遂げたゾウの鼻でも、「鼻の穴」はやはり2つなんだ、といたく感心させられた。

 そのとき、たまたまそばを通りかかった、どちらかというと地味な出で立ちの中学生くらいの女の子2人連れが、その標本を見ながら交わしていた会話が耳に入ってきてしまった。

「毛ぇ、ヤバくねぇ?」
「キモい」

 いかにも今ふうの口調だが、そんな口をきいていても、「大ほ乳類展」に興味をもって、休日に友だちと誘い合わせてわざわざ観に来ているというのがほほえましいではないか。それに、彼女たちのこの口調は単なる「モード」に過ぎず、それは世が世ならたとえば以下のようであったとしてもなんら不思議ではないのだ。

「うわ、何この毛! ウギャ〜〜!」
「気持ち悪い〜〜」

「まあ、この毛をご覧になった? ものすごくてよ、サワコさん」
「本当ね、マチコさん。ちょっと気持ちがよろしくないことよ」

 結局のところ、いろいろ言われるほどには、今の子どもたちも中身は昔とたいして変わっていないのだろうな、とこんなときに思う。

|

« エア推敲 | トップページ | 誤解しないで »