« 青息吐息 | トップページ | 19蜂4 »

2010年7月28日 (水)

めずらしい笑顔のわたし

「WEB本の雑誌」の定例コーナー「作家の読書道」で紹介していただいた。

 作家の読書道

 ダイジェスト版は、今日の「朝日新聞」東京版の朝刊(BOOK TIMES 7月号)にも掲載されている。『マザー』の主人公である伊神雄輝・佐川夏美と同じく、基本的に笑顔が苦手な僕は、インタビュー時に撮影された写真の中で笑っていることは皆無に近い(必ず、カメラマンさんに「もっと笑顔で」と言われる)のだが、今回は例外的に笑顔である。撮影者は博報堂の担当の方だったのだが、ある意味「快挙」と言っていいのではないか。

 このインタビューは、作家自身の読書歴を軸にこれまでの生い立ち・経歴などを追っていくものだが、訊かれるまま答えているうちにずっと忘れていたことを思い出したりして、なかなか楽しいひとときだった。

 聞き手はライターの瀧井朝世さんだったのだが、ちょっと前の「きらら」でのインタビューでも聞き手は瀧井さんだったので、なんだか瀧井さん相手にいちどきにものすごく自分をさらけ出してしまったような気がする。

|

« 青息吐息 | トップページ | 19蜂4 »