« 研ぎすまされるニュアンス | トップページ | 清潔正社員 »

2011年2月28日 (月)

what do you see?

110228_093702

『偽憶』の中でもエピソードとして扱っていることだが、猫というのはなぜ、外を眺めるのが好きなのだろうか。外を眺めながら何を考えているのだろうか(たぶん、何も考えていないのだろうとは思うが)。

 クーは以前、リビングにあるテレビの上に乗って外を眺めるのが好きだった。たぶん、リビングだけは日中、レースのカーテンもかけていないため、透明なガラスから外の様子をクリアに見ることができたからだろう。しかし年末くらいに(というのはだいぶ遅ればせなのだが)地デジ対応のクアトロンテレビに買い替えたせいで、クーが乗っかれるだけの面積がなくなってしまった。

 当初は、戸惑ったような顔をしながらしかたなしにテレビ台の方に乗ったりしていたので、画面を遮ってしまって邪魔だったのだが、そこでは低すぎて外がよく見えないことに気づいたらしく、最近では僕の部屋のラックに乗っかってこうして外を見ている。レースのカーテン越しに、もともとあまりよくないらしい視力でいったいどれだけのものが見えているのか疑問だが、この姿勢のまま十数分じっとしていることもある。

 マンションだから外には出せない。こうして窓から眺める外の世界を自由に出歩くことは、この猫にはたぶん一生できないのだろうなと思うと不憫になる。でもたぶん、こちらが不憫に思うほどクーはそのことを気に病んだりはしていないのだろうなとも思う。クーはたぶん、かなり幸せに暮らしているのだ。終日一緒にいると、それがよくわかる。

|

« 研ぎすまされるニュアンス | トップページ | 清潔正社員 »