« 清潔正社員 | トップページ | なるべくか絶対か »

2011年3月 3日 (木)

歴然たる猫ブログ宣言

110226_214801

 これまで僕は、クーに関する記事をこのブログで書くことにあまり積極的ではなかった。それは、僕自身のクーに対する溺愛っぷりから推して、単なる飼い主バカっぷりを恥ずかしげもなくさらけ出すだけの結果に終わるのが目に見えていると思っていたからだ。

 しかし考えてみたら、いったいそれの何が問題なのか、という気もする。見かけばかり取り繕っても、僕がクーを溺愛していることは歴然たる事実ではないか。そんなわけであえて宣言しよう。僕はこのブログが「飼い主バカの猫ブログ化」することを選択肢として排除しない。

 もしも僕が今後、クーの画像ばっかりいくつも並べて、「おなかすいたニャ〜」とか「お水ゴクゴク」とか「おしっこはお行儀よく」「でも砂はかけニャいで逃走ニャ!」といったテキストしか書かなくなってしまったとしても、どうか寛大に見逃してほしい。

 ところでほとんど関係ないのだが、「歴然たる」という形容動詞は、どこか英語のようだと僕は高校生の頃から思っていた。"rekizental"と綴るとたいへんそれっぽい。そしてこれを、「レカゼノォ」という感じで発音すると、さらにそれっぽい。"I'm rekizentally doting on Koo."のように、副詞形にして文章に組み込んでしまうと、もう見分けがつかない。

|

« 清潔正社員 | トップページ | なるべくか絶対か »