« 眉のない耳飾りの少女 | トップページ | A nuclear error, but I have no fear »

2011年3月27日 (日)

別れがこんなにつらいとは

110327_124901

 明日3月28日から6日間、イギリス旅行に行く。4年ぶりの海外である。本来、年に1度くらいは海外に行きたい人間なのだが、あまりに多忙でどうしても日程を確保できずにいたのだ。震災前に予約していたもので、なにも放射線の危険に晒されている日本から逃げ出そうというつもりはないのだが、結果としてはいいタイミングになったかもしれない。飛行機の運航が不安定なので、最悪当日になって欠航が決まるかもしれない、などと旅行会社から直前まで脅されていたが、どうにか確定したようだ。

 ロンドンのみのツアーで、1日だけ近郊(ストーンヘンジなど)をめぐるオプショナルツアーに参加する。実質3日しか動ける日がないのでかなり慌ただしい行程だが、行けないよりはマシだ。シングルモルト好きの僕としては、本当はアイラ島をはじめとする蒸留所めぐりなどもしてみたかったのだが、日程の都合で今回はかなわない。某バーのマスターに教えてもらった、ソーホースクエアにあるというウィスキーショップでがまんするつもりだ。

 旅行に際して、クーは川越の実家に預けてきた。ただ、意外と人見知りする猫だけに、未知の環境にすぐに馴染めるかどうか心配だったので、土曜日から僕も一緒に泊まって様子を見た。トイレやエサ場などはわりとすぐ覚えたようだが、なぜか父を異様に警戒する。足のにおいを嗅いではウ〜と唸っている。クーを飼いはじめて約4年、唸り声を聞いたのはたぶん初めてなので驚いた。いったい父のにおいのどこがそれほどまでに神経を昂らせるのだろうか。

 夜は、クーが安心できるように、僕に宛てがわれた部屋にしばらく一緒にいたのだが、そのうち出て行ってしまった。僕も知らぬ間に眠り込んでいたが、午前4時前にふと目覚めたら、腿のあたりに重みを感じた。手を伸ばしてみたら、いつのまにかクーがそこで丸くなっていた。その後トイレに行って戻ってきたら、毎晩そうしているように僕のベッドに入ってきた。見知らぬ環境で心細くて僕を頼ったのだろうが、今晩から僕はいないのだ。それを思うと不憫でならない。

 一夜明けて、今日の日中はわりとごきげんにしていた。冷蔵庫やその隣のストッカーに登るのが気に入ったらしく、何度も登ったり降りたりしていた。父や母にも慣れてきたようで、母にだっこされても抵抗しなくなったし、父にも短時間なら体を触れさせるようになった。たくさんある階段(実家は3階建て)も楽しいらしく、顔立ちにもいつものほがらかな雰囲気が戻ってきた(猫が無表情だというのは嘘だと思う。差が激しくないだけで、感情が読み取れるだけの表情はまちがいなくある)。

 これなら大丈夫そうだな、と一応安心して実家をあとにしてきたが、さっき母と電話で話したところ、僕がいなくなってからはそれがわかったらしく、3階のベッドの下に潜り込んだまま、いくら呼んでも出てこなくなってしまったという。おなかがすいたのか一度だけ下りてきてエサ場をうろうろしはじめたが、与えたエサを食べ終わったらまた3階に引っ込んでしまったと。

 以前よりは時間に余裕のある暮らしぶりになったが、クーを置いていく際のこのうしろ髪を引かれる思いが原因で、結局海外旅行に行く頻度はこれまでと変わらなくなりそうな予感がする。

|

« 眉のない耳飾りの少女 | トップページ | A nuclear error, but I have no fear »