« いやはやニャンとも | トップページ | プロパーな俺 »

2011年4月24日 (日)

気になるローマ字

 ひそかに気になっていることがある。

 PC上のハンドルネームを"shinnchann"と綴っているような人がいる。これはたぶん「シンチャン」と読ませているのだろうが、なぜ「ン」の部分が"nn"と綴られているのか。

 似たようなケースとして、YouTubeのコメント欄で、英語で質問されたことに対して日本人と思われる人が回答しているような場合に、綴り方が気になるときがある。たとえばある人が、"What is the title of this song?"と質問しているようなときに、"Tuki no monn"と答えていたりする例だ。

 上記はそれぞれ実在するものではなくて、問題の焦点を明確にするために僕が創作したものだが(偶然実在していたとしたらごめんなさい)、これに類した例を実際にいくつか目にしたことがある。

 たぶんこの回答者は、「月の門」と言いたいのだろう。しかし、僕の目にはこれは「トゥキノモン」に見えるし、最後の"n"が1個よけいだ。ドイツ語でもあるまいし、ただの「ン」を表すのに"n"が重複する綴りになることは、日本語では普通ありえない。「月の門」なら、"Tsuki no mon"と綴るのが適切だと思う。少なくとも、英語で質問してきた人に対しては。

 この人は、日本語の音をローマ字で表記することと、PCのキーボードにおいてローマ字で日本語を入力する際のルールとを混同しているのだ。

 「ツ」の文字はたしかに"tu"でも入力できるが、それはわざわざ"tsu" と3回キーを叩かなくてもいいように訓令式ローマ字に準拠しているだけの話だし、「ン」を"nn"で入力するようにしているのは、あとに母音を接続させて「ナ」行の文字にしたいわけではないということをPCに認識させ、「ン」として確定するための便宜上の決めごとにすぎない。

 ただ、こうした混同が起きるのは、キーボードで文字を入力することがあたりまえになった時代ならではの現象だということはできるだろう。

 ワープロ専用機が普及しはじめたのが1980年代の終わり頃で、PCが爆発的に普及するまではさらに10年ほど待たねばならなかった。今年で43歳になる僕は、大学生くらいの頃にようやくワープロを使いはじめた世代に当たる。キーボードで入力することもその時点であらたに覚えなければならなかった(ちなみに僕は、ローマ字入力ではなくかな入力を先に覚えた)。

 その世代と、物心ついた頃にはすでにキーボードで文字を入力するのがあたりまえになっていた世代とでは、ローマ字の受容のしかたも異なるだろう。

 それに、こんな些細なことを気にするのはどうせ僕か有村ちさ(以下略)

|

« いやはやニャンとも | トップページ | プロパーな俺 »