« 「おいしいワイン」 | トップページ | Sense of direction? »

2011年5月23日 (月)

そしてやはり乗るクー

110522_182701

 新しいデスクが搬入された。これまでは諸事情で、パソコンをデスクというよりサイドボードの一種の上に置いて作業していたので、レギュラーサイズのデスクに差し替えるだけでもめざましく快適になった。パソコンを開いたままの状態で、ゲラなどを広げて見ることができるのが嬉しい。今まではそれができなかった。不自由だなと思いながら、デビュー以来ずっとその状態だったのだ。

 経済的な理由からではない。デスクを買うことくらいなら今までもいつでもできた。ただ、そのための時間と気力を工面できなかったのだ。店頭に買いに行くにせよ、ネット通販で購入するにせよ、予算を考慮に入れながら、目的や好みに合致したものを「選ぶ」という行為は避けて通ることができない。それがはてしなく億劫に思えていた。

 欲しいモデルが、部屋の中の想定している位置にちゃんと収まるサイズであるかどうかとか、それを入れたことによってそれまでにはなかった別の不自由が部屋に発生したりはしないかとか、そういったことを検討するのもけっこう骨である。で、買ったら買ったで、いつ搬入してもらうかを決めて、そのときは在宅しているようにしなければならない。

 そういったもろもろのことを考えはじめると、あまりのめんどうくささに気が遠くなってきて、「今度でいいや」と見合わせてしまう。その連続で、何年も経ってしまったのだ。日中はサラリーマンとして働いていた兼業時代は、たかがそれしきのことをするだけのエネルギーをどうしても捻出することができなかったのである。

 今は、黒光りする真新しいデスクの美しさと快適さに酔い痴れている。そしてそのデスクの上にも、やはりクーはさっそく乗っかってみている。なにかがあると乗らずにはいられないのだ。おかげで鏡面仕上げのデスクトップ(本来の意味での)には常に猫の毛が舞っているし、表面には早くも引っかき傷のようなものがついている(どうやら、下から初めて飛び乗った際、表面がツルツルだったのでそのままずり落ちてしまいそうになり、慌てて爪を立てたその痕跡であるようだ)。

 まあ、ものというのはどうせいずれは汚れたり傷がついたりするものである。早めにキズモノになってくれた方があきらめがついて、無用に神経を使わずに済むので助かるといえば助かる。

|

« 「おいしいワイン」 | トップページ | Sense of direction? »