« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月16日 (木)

newsという単語に複数形は存在しない

 お知らせが2つ。

 まず、先日紹介させていただいた、インスリンの会社であるノボノルディスクファーマの関連サイトclub_dmで、僕の体験談の後編がアップされた。

 私の糖尿病生活〈後編〉

 もうひとつは、先日の「別冊文藝春秋」に引き続き、連載開始のお知らせである。朝日新聞出版の季刊文芸誌「小説トリッパー」で、今月発売の夏号より、長編小説『出ヤマト記』の連載が始まった。

 これも詳しく説明してしまうとネタバレになる恐れがあるので、最小限のことしか言えない。19歳の女の子が、どことも知れない異国をたった1人でさまよう物語である。この作品はある意味で、「ラスマン」に近い立ち位置から書いているつもりだ。しかし、何をもって「ラスマン的」と見なすかについては、人によってかなり偏差があるように見受けられる。

 ともあれ、ここに来てようやく僕は、「大きな物語」を書く準備が整ったようだ。僕は必ずしも、大きさそのものを是とはしない。一見したところ大きなことが何も起こっていないように見えるその中で、実はなにかが起きているということをいかに描き出すかが小説の使命のひとつではないかとさえ思っている。しかしそのことは、物語が大きくなることを排除するものでは決してない。

 ところで、聖書の「出エジプト記」の原語が単なる"Exodus"であることを知ったときは、新鮮な驚きを感じたものである。この説明がましい意訳ぶりには、どこかしら洋画の邦題に近いものを感じさせられる。

 たとえば「未来世紀ブラジル」だって、原題はただの"Brazil"なのだ。しかもあの作品の場合、タイトルの"Brazil"は劇中でくりかえし流されるテーマ曲のタイトルであるにすぎず、舞台がブラジルというわけでさえない(明言はされていないがたぶん違う)。邦題も単なる「ブラジル」の方が数段カッコいいと僕は思うのだが、それでは集客力が見込めなかったのだろう。どんな世界にもオトナの事情というものがあるのだ(たぶん聖書にすら)。

 ついでながら、僕はオトナの事情を解さない人と読解力のない人が嫌いだ。そして往々にしてこの2つの属性は、同一人物の中に共存する。

|

2011年6月 8日 (水)

4年前のゴミ

「別冊文藝春秋」7月号から新連載『私は非公認』が始まった。何が「非公認」なのかは書いてしまうと軽くネタバレになるので控えておこう。最初の数ページを立ち読みできるようなので、リンクを貼っておく。

 別冊文春・立ち読み

 立ち読みページでも最初に表示されるが、ウラモトユウコさんが描いてくださった扉絵がたいへんキュートだ。こういうのがついていると、なんだかもっと売れている人の書いた小説みたいに見える。なんだかもっと売れてほしいものである。

 さて、今日6月8日をもって、わが家にクーが来てちょうど4年になる。その日のうちに撮影した画像のひとつである。

8

 妻の顎の下に頭を突っ込んで眠っている。到着したその日の晩に、すでにこうだったのだ。なんというなつっこい猫だろうか。

 それにしてもこのクーは、目を閉じているせいで、顔全体がばばっちい模様の中に埋もれてしまって、どこに顔があるのかよく目を凝らさないとわからない。この2ヶ月後、ベルギー・オランダ旅行に行くために、川越の実家に初めてクーを預かってもらったあと、「ゴミみたいな模様の猫だね。じっとしてるとゴミにしか見えなかった」と言われたのもむべなるかなである。

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »